第2章 赤い小鳥 11

 貸し部屋の主人からの連絡で、チアロはタリアの最浅部付近にあるその場所へ顔を出した。彼とすっかり馴染みになった主人は最上階にある特別室の鍵を彼に放り投げる。それを手早く空中で捕まえて、チアロはありがと、と軽く笑って見せた。
「いいけどよ、チアロ。おまえさんたちがどんな商売しようが勝手だがね、それにしたって限度があらぁな」
 主人の言葉は半ば呆れたようでもあり、そして残りは本気での憂慮であった。無論その気遣いの中には上客に対するおもねりも入っている。チアロはその言葉に浅く肩をすくめ、そして苦笑になった。
「俺もそう思うんだけどね。でもまあ、本人がいいって言ってんだから」
「そりゃあ──そうかもしれねえけどよ。あんまり続くとあのお嬢ちゃん、あと3年で使いもんにならなくなるぜ?」
 本当はお坊ちゃんなんだけどねとチアロは内心で補足し、そして大丈夫だよと明るい声を出した。
「本人は割り切ってる。だからいいのさ。ありがとうよ親父さん、あんたが心配してたって聞いたらあいつも喜ぶかもな」
 チアロの言葉に主人はふんと照れ臭そうに鼻を鳴らし、もういけという合図に顎をしゃくった。深く追求しないのはこの街の住人の習性でもあった。それに今更に感謝しながら、チアロは階段を軽々と駆け上がった。
 特別室は最上階の全ての面積を使っている。そこは他の客とは絶対に顔を合わせなくても済むようにと配慮された、文字通りの特別な部屋だ。調度も、専用の廊下も、全てが。
 チアロが部屋へ入っていくと、微かに奥から物音がした。いささかの用心のために腰に差した細刃刀に手をやりながら、チアロは寝室へ足を進める。恐らくは彼一人しかいないのだと分かっていても、それは身に付いた慎重さの一端だった。
 果たしてそこにいたのはクイン一人であった。生白い裸身を投げ出すように広い寝台の上にうつぶせになり、じっと動かないでいる。呼吸を示す肩の上下がひどく弱い。意識はあるのだろうかといぶかりながら近寄っていっても、彼はやはりぴくりともしなかった。
 チアロは彼の名を優しく細く呼び、肩をゆすった。反応のなさに不安になる直前に、彼の瑠璃色の瞳がゆるく開いた。それがは僅かに不思議そうに瞬いた後にようやく具象を現実として認識したらしい。唇から掠れた吐息がもれた。
「ああ……ごめん……」
 呟く声の掠れ具合から、彼の消耗の激しさが窺えた。無理もないとチアロは思う。客の具合が混んでいて、彼はこの4日ほどは仕事だけに時間を費やしている。
 明日は休みであったはずだが、最後の最後ではずれを引いたのだろう。大抵の客はクインの尋常ならざる美貌と唖然とするほど高い矜持に呑まれたようにか彼を大切に扱うが、逆にそれで暗い情熱を発見する者もいる、ということだ。彼は今回は運が悪かったのだろう。
 体に傷がないのはそれをチアロが煩く騒ぎたてるためであって、その制約がなければどうなっていたろうかという想像を一巡まわし、チアロは苦い笑みになった。
 それは自分が考えるだけでも偽善でなかっただろうか。結局、クインの望みであったとはいえ彼の身体を素通りしていく男たちから金を巻き上げる、女衒のような真似であることは確かなのだ。
 クインは体を起こそうとしていたが、なかなか巧くはいきそうになかった。消耗しきった気だるさが全身から滲んでいて、半身をあげるのさえ辛そうだ。それを手伝おうと手を差し出すと、クインははっきりした声で遮った。
「自分でする、から──放って、おいて……」
 それを呟く声音のひどい無力さにチアロは肩をすくめた。それは到底無理だといわざるを得ないが、クインは自分の限界を知らないように試してみるつもりのようだった。
 好きにするがいいさと半ばは投げやりな気持ちになってそれを見つめていると、やがてクインのほうが仕方なさそうな溜息と共に折れた。
「……ごめん、やっぱり、手、貸して……」
 軽い言い方の中にも滲んでいる口惜しさにチアロは微笑みそうになって、慌てて口の内側を軽く噛んだ。そんなことをしたら後でクインに散々噛み付かれるのに決まっている。気位が高いのは彼の長所でもあり短所でもあった。
 だから黙って手を貸してやると、クインはのろのろした仕草で体を預けてきた。
 元々隆とした筋肉がついているわけではないことは知っているが、こんな瞬間は、ぎくりとするほど軽い。自分が酷くむごい事をしているような気持ちになる。
「大丈夫か?」
 思わず口にした言葉にクインはうなだれていた首をゆっくり動かした。
「──大丈夫、じゃねえから、呼んだんだってば……」
 それはその通りであった。自分一人では家まで帰り着けないと判断したクインが貸し部屋の主人へ音声管ででも連絡したのだろう。客はそこまで親切なものは滅多にいない。
「悪い、そうだな。あんまり喋るなよ、体力をやけに食うぜ」
 クインはチアロの言葉に曖昧に喉を鳴らした。分かったという意味に思われた。
 彼が湯を使いたいといったので、チアロは肩を貸して彼を風呂場へ行かせた。足取りは酷く重かったが、自分で行けるだけましというものかもしれない。最初にこんなことがあった時は彼は全身の血が抜けてしまったように真っ青で、目を閉じてじっと動かないままであったのだから。
 客を何かで怒らせたのだというようなことを後から言っていた気がするが、それが何であったかは忘れてしまった。
 最近は立てなくなるまで相手をさせられることが減ってきたことで、客あしらいというものを覚えていっているのだろうとチアロは思ってきたが──それにしても。
 チアロはそっと彼に捕まって歩く美貌の主を見る。雪のように白く抜ける肌にぽつぽつと散っている紅華が目に痛い。それは確かに好き勝手な陵辱の後でもあったし、愛された痕跡とも言えた。どちらにしろ、彼は愛でられるべき存在であることは確かなのだ。
 基礎体力の貧弱さとすぐにかあっとなる熱しやすい性質がもう少し改められたなら、きっと今以上に寵児となっていくだろう。その資格はある。
 今この現在にも、幾つか彼を引き取りたいという申し出があるくらいだ。絹と宝石に埋めて溺れるほどに愛しんでくれるという言葉を信じていないわけではないが、本人が是と言わないのだから仕方が無かった。
 クインの考えていることといえば母親のことばかりで、誰かの稚児になってしまえば母親に対しての面目も言い訳も立たなくなると恐れているのだ。
 黒死病であるとライアンの口から聞いている。それが死病であることも。
 もう療養所から生きて出ることは無いだろうとライアンは言い、そしてそれをクインには言うなと付け加えた。チアロは頷いた。ライアンの言うことは完全に正しかった。黒死が死病でありなおかつ他人に感染するならば、症状が収まっても決して療養所の外へは出さないだろう。
 そしてクインにそれを指摘するのは酷だ──気づいていないのかもしれないが、いずれ分かるときが来るだろう。その時どうするかは、彼が自分で決めることだ。
 力が抜けているせいで重たい体を引きずるようにし、チアロはクインをようやく陶器の風呂桶の中へ放りこんだ。適当にお湯をかけてやると初めて目覚めたようにぶるりと体を震わせる。髪の黒い染料が落ちて湯船の中はあっという間に黒くなった。
 クインはそれをぼんやり見つめ、不思議そうにも見える顔つきで湯をかき回した。
 黒ずんだ液体が彼の雪色の肌に染みをつけるような錯覚に囚われてチアロはおい、とそれを制止した。
 それに素早く片手を挙げて合図した仕草は、いつもの通りの彼の知る小生意気な少年であった。
「──大丈夫」
 先刻よりはよほどしっかりした声でクインは言い、ほうっと溜息になった。吐息はまだ掠れ気味に疲れているが、湯の感触でどうにか自分の位置や現実をつかめるようになったらしい。少なくとも、先ほどまでのような危うい感じはしなかった。
 自分でこの先を出来るかと聞くと、クインは彼を見上げて目線で頷いた。チアロはそれに頷き返して風呂場を出た。
 彼の服は部屋のそこかしこにてんでに散らばっている。どんないきさつがあったかは聞かないが、ふざけて部屋中を転げまわったのでないとするなら狩られたのだろう。
 同じ客からの次の指名を受けるかどうか、落ち着いた頃を見てクインに聞かなくてはならない。彼が嫌だといえば次からはこの客はなし、ということになる。
 服を拾い集めて適当に検分したが、ボタンが2ヶ所、ちぎれてどこかへ行ってしまっているだけで他に欠損はなかった。秋用の薄い外套は最初に脱いで扉の内側に掛けたままであったから、羽織らせればいい。飛んでしまったボタンを探してみたが、とうとう見つからなかった。
 それにしても、とチアロは風呂場から時折聞こえてくる湯水の音が一定でないことを耳の端に挟みながら溜息をつく。
 クインのこの、ひたすらに噛みつき吠え立てて客をわざと怒らせるような真似は何だろう。大人しくひっそりと微笑んでいれば壊れてしまうのを恐れるように男たちが彼を扱うのは分かりきったことであるのに、彼は時折それに無理やり逆らうように毒づいて見せる──最初彼をこうして迎えに来たときは、彼でなく、客からの要請であったのだ。
 ぴくりともしなくなってしまった、死んだかもしれない──……
 そんなことをいわれて慌てて駆け付けてみれば単に失神であったのだが、これはまさしく運がいいというものであった。そんなことは時折あった。珍しいという出来事ではなくなってきた頃、チアロはようやくそのきっかけの一端に気づいた。
 鍵は、恐らくライアンだ。クインが自棄に荒れる日は、大抵ライアンと会った後だから。
 クインはひどく神経質で、心理の上下が激しい。機嫌の良い時は朗らかで明るい子供であるが、一旦荒れ始めるとそれはどこまでも続いていくようだった。それを自分でも持て余している。
 何度かそれを注意してみたことがあったが、彼は大抵訳のわからないことを怒鳴り散らすか不機嫌に黙り込んでしまうかで、埒があかない。落ち着けば反省はするらしく照れ半分の謝罪を呟いたりもするが、それにしてもその回数は随分と多かった。
 そしてライアンはクインの心理状態には頓着しなかった。うるさい、とはっきり口にしないまでも、ひそめた眉や殆ど彼の言葉を無視した挙句の勝手な呟きは言葉よりも雄弁に語っている。ライアンはクインを手駒のひとつとして扱うことに決めたようであったが、クインのほうはライアンと対等に在ることを望んでいる。
 クインの不満は分かる。ライアンは自分ときちんと向き合っていないと考えているし、それはおおむね正しいだろう。
 ライアンの言い分があるとするなら、それがどんなであるかもチアロは理解できる。彼はクインの事にばかり関わりあっている訳にはいかないのだ。彼の仕事は今のところタリアの中に巣食っている不穏当な連中を狩りだし噛み破るための猟犬というものであって、他のことは彼にとっては小遣い稼ぎ程度の重要さしか持たない。
 チェインのことばかりは別であったが、それも大体をディーやノイエといった連中に任せてあって彼自身は週に二度チェインの彼の根城へ戻れば多いほうだ。忙しいという曖昧な単語でクインが納得しないゆえに、大体の事情は説明してみたのだが、クインのほうは昔のように嬉々として首を入れたがった。
 ライアンはそれをわずらわしく払いのけてしまい、クインはむくれて荒れる──
 チアロは溜息になった。クインがライアンを何故かはしらないが特別視するように、ライアンも確かにクインのことは特別に考えている。
 ただ、その表現は天と地のように違う。クインは比較的素直にライアンに寄っていくが、ライアンのほうは気安いとはいえなかった。
 いずれライアンはタリア王の継承争いに全面的に関わることになるだろう。周囲もそう見ているし、本人もどうやらそのつもりらしい。それを現王アルードも知っている。
 だからライアンは見捨てられるものしか身近にしない。彼の周辺にいて彼が自分にまとわりつくことを許している者たちは、いずれ彼がその手で切り離しても構わない者たちだ──自分も含めて。
 チアロはクインの服を揃えてやりながら、苦く笑う。
 そこから一段上ってライアンの特別に擦り上がるためにはチェインを実力で手中にするか、いっそライアンの敵に回るか、それとも──残りの一つはあまりにえげつない。チアロはそれを自分がしないだろうということは理解している。
 だからライアンがクインを容易に身辺に寄せ付け、またはあからさまに可愛がろうとしないのは彼に対する尋常ならざる拘りの証明だ。
 実際、ライアンの特別であると分かったら、どんな目に遭うか保証は出来ない。だからライアンは失って困るものは身近にしないが、肝心の望みは聞いてやる。他者に漏れる可能性が少ないとなった時点で、ライアンは彼の望みをほぼ全面的に受け入れてやったではないか。
 これ以上は彼は自分と関わらせたくないのだ。何より、深く絡み合うことで出来あがる強い絆を、失うことばかり考えてしまうのだから。
 リァンという奇跡を、見失ったときのように。
 チアロが再び溜息になったとき、風呂場の扉が開いた音がした。振り返ると多少回復したらしいクインが、火照って血色よく見える肌色で立っている。立てるならとチアロは安堵し、笑って頷いて見せた。
 クインは柔らかい絹地の長衣をかぶり、染め粉が落ちてすっかり地毛の色となった髪を適当に布でふきながらチアロの側の長椅子にどさりと座った。ましな気分になったとはいえ、まだ疲労はあるらしかった。
「──何か、飲むもん、ある?」
 声はまだかすれ気味だ。チアロは頷いて客の残していった飲み掛けの葡萄酒の壜を傾けた。赤紫の濃い色がグラスにたまっていく。
 クインは部屋の保冷庫から氷を取って放りこんだ。
「自分だけ飲みたいもの飲みやがって……」
 呟いている口調はすでに普段どおりの偽悪調だ。いいじゃないか、とチアロは軽くそれを流した。
「残していってくれたんだから、もっと堪能しろよ。この部屋の客なら好い酒だろ?」
 クインはまあね、と肩をすくめる。ちろちろとグラスの中の酒を舐めている仕草は猫のそれとそっくりだ。
 彼は酒にはどうやら素質があるらしく、飲み始めたのが最近だといいながらも良く飲んだ。酩酊してくるとまたやっかいなことを怒鳴ったり陽気に騒いだりと煩いのだが、酒の味を楽しんでいるならばまずは機嫌良く落ち着いているといえる。
 それを見計らってチアロはクインの名を呼んだ。
「今日の客はどうだった。また指名されたら断ろうか」
 クインはグラスを唇にあてたまま、こぼれるように笑った。この笑顔になったときは彼本来の悪魔的な美しさが満開に開くような錯覚を見る。
「また、取ってよ。面白かったよ。あんまり馬鹿だから笑っちまったらかっとなったらしくて酷い目に遭ったけど、次はさせないから。それにこいつ、酒の趣味はいい」
 そう言ってクインは何かを思い出したらしく、くつくつと喉を鳴らして笑った。
 最初の頃のように一人終わるごとに真っ青になって延々洗面所で吐いていたのとは雲泥の差だ。一晩が終わるごとに彼は嬌態と華やぎを身につけていく。それが眩しいとは思わない。誤魔化し方だけを覚えているとするなら何かが悲しかった。
 チアロは彼の瑠璃色の髪に手をやって撫で、クイン、と淡く言った。
「無理、するなよ」
「うん……ありがと」
 クインは少し笑い、グラスの酒を一息に飲み干して、続きのために酒壜をつかんだ。