第2章 赤い小鳥 12

 ……僅かな時間、夢を見ていたようであった。今日は眠っていてもいいのよという遊女たちに従うように、リィザはひとときを自室として与えられた小さな部屋でまどろんで過ごした。
 部屋中を圧迫するように飾られた白い花の香りは甘く、神経の底を幽かにたゆる。それが気詰まりなのか高揚なのか分からないままに、包まれていれば胸の奥がざわついて、まともに眠ることが出来るかどうかは怪しかった。
 だが、目を閉じていれば少しの時間でも意識は無かったらしい。帝都の時間を打つ時刻点鐘にはっと起き上がれば、既に天窓の外の空は暮れ始めていた。
 リィザは身を起こし、丁寧に髪を手櫛で整えると顔を洗った。鏡の中にいる少女はいつもと同じように脅えたような目つきをして、じっとこちらを見つめている。
 黒い瞳、白い肌に流れる黒い髪。美女ではないと誰もが言う、ほんの少し大きい目が不安げに瞬き、濡れたような黒い色を際立たせた。
「……リーナ」
 リィザは低く呟いた。女将は自分にそう源氏名をくれた。あまり本名から離れた名はつけないのがこの妓楼の慣習らしい。
 リィザの名前は矢車草を意味するが、色は数種類あって、大抵は白い花を指す言葉だ。リーナというのは亜種の淡薄な紫色の花を示すときの言葉であった。
(紫は夜明けの茜色だよ)
 女将の優しげに躾る声が耳朶の奥から甦ってくる。
(一番空が綺麗な時の一つ。誰かが空を見て希望を思う時間。おまえも、誰かにとってそんな風になってくれたらいいだろうね)
 リィザはさほど遠くない記憶の中のその声に、曖昧に頷いた。沢山いる姐たちも口を揃えて言った――いつか、必ずお前を本当に大切にしてくれる人がここから出して連れて行ってくれるからね。
 そうして妓楼を出ていった遊女は沢山いる。
 全員が幸福になっているというわけでもないだろうが、それは自分次第であると誰もがリィザに諭した。それを信じたふりで、ずっと頷いている。
 逃げたい。
 忘れるように言われて押し込んできた言葉がこの日は朝から浮かんで消えることを繰り返している。目を閉じていても胸の中で騒いでいるのはこの言葉だけ、危うい明滅がちらちらと脳裏を瞬いて、少しも落ち着かない。
 リィザはこの日何度目かも分からない溜息になった。溜息はほんの一瞬、胸の中にある不穏な痛みをぬるめてくれる気がしたが、それは確かに刹那の安堵であった。冷水を浴びた反動で火照っている顔にゆっくり白粉を馴染ませていく指先さえ、幽かに震えている。
 自分は一体何のためにこんな事をしているのだろう――ということに気付いてしまうと全てを投げ出してしまいたくなる。
 だからリィザはそれに目をくれず、頬に僅かに残っているそばかすを覆い隠すことに専念しようとした。
 日に当たるなという女衒の男や女将の言葉は正しく、この妓楼で暫く見習いとして働いている内にそばかすは次第に消えていったのだ。まだ多少は残っているが、荘園屋敷で労働に精を出していた頃よりは遙かに肌は白く美しくなった。普段使う化粧水もいいのだろう。
 白粉、口紅、多種多様の化粧品と装身具。髪に飾る造花にリボンに銀花板。花板は手で曲げることの出来る薄い金属の板で、大振りなリボンや結い上げた髪を捲くときの飾りとして用いられるものだ。大抵は透かし抜きの模様が入っている。
 リィザに与えられた花板は銀、模様は蝶と矢車草。彼女の水揚げを買った男からの沢山の贈り物の内の一つだった。
 女将が気を回してくれたのか、水揚げが決まってから数日に一度はリィザの顔を見に来てくれている。本業は神職であると言ったが、彼は出身はこの街だとも言って笑った。
 タリアから神へ仕える者への転身は並大抵のことではなかったはずだが、彼はそれについては余り話そうとしなかった。
 その代わり、リィザの持っていた神への紋様板を褒め、若主人が切れ切れに教えてくれた祈りの聖句や神話や教義のことなどをかみ砕いてリィザに語ってくれた。
 中年にさしかかった肌は流石に若い者とは違うが、彼の持っている雰囲気はとても落ち着いて穏やかで、恐怖や気後れを感じることがない。彼が決して嫌いではないのは実はそれが大きかった。
 包み込まれ守られているような感触が安堵に変わるのだ。
 リィザはその男の顔立ちや僅かに肌から漂う香料のことを思い出そうとする。そうしていないと、他のことに心がおぼれてどこかへ沈んでいきそうだった。
 天窓の外は、ぼんやりしている間にも秋の早足の落日が終わりかける証拠の金色の雲が見える。この場所がタリアの中で格子窓から外を覗けば雑多で猥雑な通りが見えるだけと知ってはいても、空だけは何処で見上げても変わらなかった。
 リィザは天窓をじっと見上げ、やがて目を細めた。
 悲しい時も、寂しい時も、飼い葉桶や洗濯籠や刈り取った綿花の袋を抱えて、同じように黙って見つめた荘園の空も同じようだった。綺麗な空だった。
 綺麗なものが好きだった。見つめていれば時間を忘れていられるから。
 何も持たなかった日々には、それは庭園の夏薔薇であったり小糠雨に煙る虹であったりした。
 それはいつからか硝子で出来た小鳥になった。透明で、窓から降る太陽や星や月の光にきらきら光る小鳥を見ていると、自分にある不幸など忘れていられた。
 あの人、とリィザは呟いた。
 彼は今、どうしているだろう。元気でいるのだろうか。
 幸福に――というのが無理でもせめて、不幸と呼ぶ境遇の中にいなければいい。彼の明るい笑顔と律儀で真面目な性格は、そんなものには相応しくないのだから。
 出来ることなら幸福であって欲しいとリィザは空に浮かぶ、金から紺紫に色を変えていく雲を見つめながら思った。
 幸福であって欲しい。
 あの幸福だった日々の決算とその象徴である彼の優しい瞳が、どうか今も曇らず、元のままに明るく清潔でありますように。
 そしてかなうならば彼が幸福でありますように。
 私に出来ることは、空から一枚硝子を隔てた場所で祈ることしかなくなってしまったけれど――
 リィザは幽かに潤んできた目元をゆっくり拭った。
 あの日々はそれまで幸福の具体的な形を知らなかったリィザにとって、紛れもなくそうだと頷くことの出来る、貴重な時間であった。
 彼の肌の暖かみを知り、心の熱を知っていった過去は今完全に閉じられた、思い出という籠の中の幸福な宇宙のようだ。
 もう一度遭いたい、とはもう思わない。そう決めたのだ。
 彼が過去を大切にしてくれるだろうということをリィザは何故か無条件に信じることが出来た。信じることが出来たからこそ、自分は幸福だった。誰かをこんなに信じて想うことが出来た。何も持っていない自分の胸にも美しいと思える花があったことが嬉しく、そして愛しかった。
 彼にはもう会えないだろう。会わないほうがいい。
 いつか自分がこうして彼を思って覚える胸の痛みさえ薄れ、消えていくだろう。それが時間という薬の作用だから。他に思う人が出来るかどうかは分からないが、目の前のことを少しづつやっていこう。
 お金を貯めれば自分の自由さえも買えるのだという女将の言葉を信じよう。
 この場所で、生きていくために。
 リィザはじっと雲を見上げ、深く呼吸をした。彼のことを思うとやはり胸の奥が鈍く疼いたが、それを無視しなくてはいけない時間であった。
 もう、無垢でいられる時間はそれほど残っていない。
 水揚げは今夜だ。あの聖職の男がやってくるまでにあと一刻か一刻半――
 リィザが本能的な怖れのために身を僅かに震わせた時、裏廊下からの扉が叩かれた。遊女の部屋は客を連れて部屋へ案内する時の表廊下と裏方の者たちが使うための裏廊下に挟まれている。その構造上、窓は天窓だけであった。
 裏廊下の方の扉ということは妓楼の者だ。果たしてリィザが扉を開けるとそこにいたのは黒服の小間使いの少女だった。黒い服の少女は単なる従業員で、身売りをしない。
「かあさんが部屋に来なさいって」
 言われてリィザは頷いた。男が来るまでに時間はさほど残っていなかった。
 リィザが裏廊下へ出ると少女は彼女に与えられた部屋に入っていき、彼女の装身具や衣装を抱えてきた。
 赤い絹地にたっぷりと金糸で刺された花の繍い、前の襟目に結ぶ繻子の金色のリボン。未だに無垢であることを示すための髪に挿す白い造花、矢車草の抜かれた花板。
 衣装の後ろ側にも大きな結び目を作ることが出来るようにピンがついているし、水揚げを示すための沢山の装身具や髪挿花などもあって、一人では出来そうにない。時間が来たら手の空いている姐さんに手伝って貰って身につけようと思っていたそれを、女将は自分でしてくれるつもりがあるのだろう。
 ゆっくり裏廊下を渡りながら、リィザは一足進むごとに全身の血が騒ぐような感覚にじっと耐えた。逃げ出したいというなら確かだった。
 それは以前彼女の上に起こっていたような過去への闇雲な回帰や追憶のための衝動ではなく、逆らえない運命に直面した時の居竦みや怯えと同じものであった。
 怖いというなら確かだった。未知のものは、いつでも怖い。次第に俯いていく首筋の張りつめた筋肉の重さを、感じないわけにはいかなかった。
 女将は自身の部屋で帳面をめくっていた。それがぼんやりする時の女将の癖であることを、リィザは既に知っている。小間使いの少女がかあさんと声をかけて下がっていくと、女将は少女の置いていった衣装やらを抱えて自分の側に座るように手振りした。
 リィザは素直にそれに従う。脳裏は次第に白くなりつつあって上の空ではあったが、命じられれば従ってしまうのは性質だった。
 女将は言いつけた通りの位置に座ったリィザと目を合わせ、やがてゆったり頷いた。
「リーナ。もう誰もお前を本当の名前で呼ばないよ。いいね、自分も言ってはいけない。客の素性を知っても誰にも言うんじゃないよ。他の娘達にもだ。それと、他の娘に付いている客は盗らないこと。向こうから指名されたなら仕方がないが、決して自分から媚びを売ってはいけない――お前はそんなことをしそうな娘には見えないが、まれにそんなこともあるからね。他の娘達の言うことをよくお聞き。無論あたしの言うことも、だ。避妊薬は毎日タリアの火入れの鐘がなる時間に飲むこと。何か聞きたいことはあるかい?」
 リィザは少し考えてからあの、と言った。一番聞きたいことは口に出来ない。だからそれに近いことを聞く。
「……私、お客さまと二人になったらどうしたらいいのか……」
 女将はリィザにここの理を言い聞かせるために張っていた神経をふっと弛めたような、気の温んだ笑みを浮かべた。
「なあに、最初から気世話しく何でもしてやることはないよ。水揚げなんていうのはね、男になれてない娘の反応も好きで買うんだから、相手の好きなようにさせてればいいさ。お前が今からやきもきすることじゃないよ」
「でも、もし、つまらないって思われたら……」
 リィザは細い声で呟いた。
 女としての価値が自分にあるのかどうかさえ曖昧であるのに、誰かを楽しませることなど出来そうになかった。水揚げにと贈られた衣装も装飾品も、決して安いものではあるまい。新しく与えられた部屋に溢れるように飾られた花もそうだ。
その金を受け取るだけの価値が自分にあるのかどうか、それを査定されるような気がして溜まらなく落ち着かなかった。
 水揚げの男は自分を買って失望しないだろうか。そうであって欲しい気もするし、それはひどく悲しいことのような気もした。
 女将は喉を鳴らして笑った。猫が含み笑うような、上機嫌な声だった。
「大丈夫、お前がそういう娘だってことくらいは奴は分かっているだろうからね。あの男は女には優しい。安心して奴に任せていればいいさ」
 女将はそう言って、リィザに今着ているものを脱ぐようにと付け足した。リィザは一瞬躊躇してからそれまで着ていた白い木綿のワンピースを脱ぎ捨てた。
 それを女将はさっと遠い場所へ押しやり、化粧台の脇においてあった洗い桶を引き寄せた。
 中には絹布が数枚、水に浸されている。引き寄せた時の反動で水がぱちゃんと跳ねると、ふわりと優しい薫りがした。水に花香が溶かされているのだろう。
 女将は布を一枚固く絞ってから取り出すと、それでリィザの身体を丁寧に、清めるように拭き始めた。ひんやりした感触が肌を滑っていく度に淡香がたった。
「綺麗な肌だ、大切におし」
 女将の呟きに、リィザはこくんと頷いた。
 体を拭き終わると次は髪だった。櫛に滑らせる梳水からも同じ香りがした。何の香ですか、と聞くと女将は淡々と蓮華だと答えた。
 長い黒髪をまとめ、何度も細かく編み込みを繰り返して結い上げていく女将の手さばきは流石で、あれほどあった造花や花板も美しく飾られているのにすっきり見える。両方のこめかみの辺りから一房づつとった前髪を長く垂らし、その先に小さな造花を飾る。
「可愛いよ」
 女将が深い満足を示すような声音で言い、リィザはそれにもこくりと頷いた。
 途端、ぽろりと涙が落ちた。ここにいたって初めて、水揚げの実感が湧いてきたのだ。
 リィザは声を上げて泣きはしない。妓楼に来たばかりの頃のように止めどもなく涙を流さない。それをするには諦めてしまったものが多く、無理矢理思い出にしてしまったものは更に多い。
 けれど、自分の生きてきた今までとの完全な決別にはやはり、覚悟が要った。
 黙ったまま僅かに涙をこぼしてリィザは唇を結んだ。
 その目端にそっと女将が指をそわせた。優しく丁寧にされる仕草が嬉しくて、リィザは目を閉じる。ぽろりとこぼれた流滴が最後の涙となった。
「――お前はきっと、好い娘になる」
 女将の言葉はいよいよ優しく、囁くように甘い。
「客に気に入られようとか楽しませようとか、そんなことを気にかけすぎるんじゃないよ。お前は多分、そのままで微笑んでいればいいんだ。あるがままに、愛される娘におなり。性根の優しい、声の可愛い、温かな腕を持つ娘に」
 リィザはまた頷いた。先ほどから自分は頷いてばかりいる。
「そしていつかここを出ていく日がお前の幸福の最初の日になるといいね……」
 その声には万感が籠もっているような気がした。リィザが目を開けて女将を見ると、中年の女は彼女を優しく見つめていた。視線にあるのはいたわりと、自分に向ける痛ましさと憐憫と、そして紛れもなく情愛であったように思われた。
 かあさん、とリィザは呟いた。
「私……自分に出来ることは、してみたいと思ってます――かあさん、私を買ってくれてありがとう……」
 女衒の男に連れられてタリアの大店を巡っていた時の惨めさを払拭し、今リィザに真剣に娘としての愛情をかけようとしてくれている。
 馬鹿だねと女将は呆れ半分のように笑うが、その目の奥が思わずというように嬉しく光ったのを見た気がした。
「私、何も出来ないですけど、せめてかあさんの言いつけをきく娘になりたいと思ってます……」
 馬鹿、と女将は二度目を呟いた。
「あたしのことなんか、お構いでないよ。お前はお前に通ってくる男のことでも考えていればそれでいいんだから……」
 照れのためにか尚更突き放したような物言いになり、女将は溜息になった。リィザはその表情に、やっと薄く微笑むことが出来た。落ち着きや余裕というものではないにしろ、誰かの確かな情によって足場があることを確認できたと感じたのだろう。
 女将はリィザの涙の跡を丁寧に拭き、いいね、と念を押した。リィザが頷くのを見てほっと笑い、良くできた人形に魂を入れる職人のような神妙で真剣な顔つきで、彼女の顔に化粧を入れ始めた。
 薄く真珠粉を肌にはたき、大きな目を際だたせるために僅かに睫を上向きにし、頬紅をひとはけする。
 その作業を鏡の中に見ながら、リィザは次第に匂うように変わっていく顔立ちを見つめた。自分ではないように見える。
 と、女将が不意に呟いた。
「――あたしを信じてくれるというのは結構。でもね、お前に信じていて欲しいのは、男ってものが決して不純で裏切るばかりの生き物じゃないって事だ」
 リィザは一瞬を置いて頷いた。これは女将の感慨のようなものであろう。それに口を挟むことなど出来るはずがなかった。
「この商売をしていると沢山の男に会う。騙されることも、裏切られることも、あるかも知れない。でもね、それで誰も信じない女にだけはなるんじゃないよ。一人去ってもまた必ずお前を見つめてお前に愛を囁く男が現れる。その男の言葉を疑いだけで眺め回さないでおくれ……忘れることが出来るから、幸福にもなれるんだからね……」
 リィザは何かを返答しようとしたが、出来なかった。彼女が唇を開く前に女将は紅筆を執り、唇に丁寧に色を付け始めたからだ。
 返答は要らないという態度が女将の言葉の真実さなのだろう。
 口紅を終えて軽く薄紙を噛む耳に、タリアの火入れの時刻を告げる晩鐘が聞こえた。もうそんな時間であるようだった。一瞬震えた肩に女将がそっと赤い絹の衣装を着せかけて、大丈夫だからね、と囁いた。
 リィザは深く頷き、かあさん、と呟いた。
「……ありがとうございます」
 女将は吐息で頷いたようだった。
 リィザは小さく頷き、大丈夫ですと低く言った。実際心臓は壊れてしまいそうなほど音を立てているし身体中の血は逆巻いているようで自分がどうにかなってしまいそうだったが、それを誰かに訴えても仕方のないことのように思われた。
 支度を終えて一度部屋に戻ると、日がすっかり暮れて灯りのない部屋はにぶい暗闇の中にあった。
 天窓から注ぐ光は僅かに赤い。通巷に溢れる篝火と塗紅の朱が反射して、タリアはこの時間には赤い光と熱の中にある。
 灯りを入れようとリィザは部屋の隅にあるランプに近寄りかけて足を止めた。
 鏡台の前に置き放してあった硝子の小鳥が、天窓から落ちる赤光に薄ぼんやりと光っている。透明で淡い色だったそれにタリアの赤が灯り、奇妙なほどに赤い。
 胸を突かれる赤にリィザは暫く佇んでいた。泣かない、と呟く。
 もう泣かない。二度と会えない人にだけ、心を連れて行かれてはだめ。この場所の人たちは優しいから、いつか貴方を忘れていくために、だから泣かない。
 リィザは低く自分に言い聞かせるように数度繰り返し、そっと小鳥に近づいた。
 指先で撫でると硝子特有の凛とした冷たさ。これをくれた時、彼の指は温かだった……
 不意にそれを思いだし、リィザはくすりと笑った。あれから1年と少ししか経っていないというのに自分がひどく年をとった様な気がしたのだ。
 タリアの淡い紅灯に燃えるような色に染まる、硝子の小鳥。リィザはそれをそっと掌に納めて愛しく撫でた後、鏡台の引き出しの一番奥に仕舞った。
 小鳥の姿が視界から消えた一瞬、リィザはそっと目を伏せて微笑んだ。
 ――さよなら。
 思い出の奥を、若主人の面影が通り過ぎていった。
 やがて水揚げのしきたりや慣行は順調に進んでいき、彼女は穏やかな声に促されるままに闇の中へ入った。
 そこで行われたことは、今までリィザが知識としてだけ知っていたことであった。

《第2章 赤い小鳥 了》
icon-index



拍手コメはつけられません……コメント在る方はお使い下さい。


長いのを下さる方は下記からどうぞ。
icon-kansou