第1話 祝祭の日 7

 奇妙な沈黙が暫く続いた後、自分の唇から最初に漏れてきたのが失笑だったことに、ライアンは一瞬置いてから気付いた。溜息であったはずのそれにクインがさっと頬を赤らめて彼を睨みあげたからだ。相変わらず、自身に対する故のない否定には過敏であった。
 少なくともふざけているわけではなさそうだとライアンは思い直し、ゆるく首を振った。
「お前は客を取るという意味を知っているのか」
 我ながら馬鹿なことを聞くとライアンは思ったが、それは思わず確認したくなる事柄でもあった。彼自身、稚児上がりであった。陰気だ鬱だと言われながらもライアンの顔立ちは整った部類に入り、普段さほど感情を表現しない彼の痴態を見たがる者も多かった。
 ライアンの母はその日暮らしの街の娼婦であり、金に困って幼い彼を芸団に売った。顔立ちが良く運動の勘があったことで彼は殺陣を主体とした活劇に従事したが、どこかの公演で自分を見かけたらしい金満家の老人に稚児として転売された。それが最初だ。
 老人の元から脱走してタリアに住みつくようになっても、時折その手の暴力はあった。少年達ばかりの集団にいれば力は即ち存在の重さであり、最初に通る原始的な相克であった。
 そして芸団から転売されたときと同じように、ライアンを欲しがった男もいた。それが先のタリア王カレルだった。
 だから今でもライアンのことを稚児上がりだというなら間違いでもない。その冷蔑があることをライアンは知っている。知っているが、事実であれば取り繕うこともなかった。確かに自分はカレルと寝て、チェイン地区に於ける自治を買っていたのだから。
 そしてそのこと自体は彼には苦役としか表現できなかった。他に愛しい女がいるわけでも男と寝ることに抵抗があるわけでもなかったが、彼を求める者が彼をいたぶり踏みにじり、彼のあげる苦痛と懇願の悲鳴が聞きたいのは明白だったからだ。
 自分のこの陰鬱な無表情がそうした衝動を引き起こしているのだと朧に理解はしたがどうにかなるものでもなかった。
 客を取りたいというクインの言葉は、ライアンには狂気の沙汰としか思えなかった。既にカレルが死に、現王アルードはライアンに対する性的興味を持たない。男娼まがいのことをする必要が消えた今となっては、ライアンは幾ら積まれてもそれをするつもりはなかった。
 あの苦痛。無理矢理水の中を歩かされているような息苦しさと閉塞感。辛い苦しいと嘆くことをしない程にライアンは自分の心理に無頓着であったが、ねじ伏せられて一番痛かったのは矜持であった。その部分だけが血を流すほどに痛かった。
 ライアンは苦い記憶を一通りめぐらして渋面になった。クインには分かっていない。寝る相手が男だろうが女だろうが、それは酷く自己を摩耗させる。肉体でなく、精神の方が。
 何から言ってやろうかとライアンが僅かに思考する間に、クインの声が割って入った。
「……ライアンは俺がふざけてると思ってるんだ。こんな馬鹿馬鹿しい冗談を言うために俺は戻ってきたんじゃない」
 一度は落ち着いたはずの彼の瑠璃玉石の瞳に、再びうっすらと涙が捌けたのが見えた。但しそれは懇願のためでなく、自分の言葉と真剣に向き合っていないと非難するためのものだとライアンは悟った。
 クインは本気なのだ。自分の身を切り売りして母親の死を回避することで躍起になっている。
 今度唇から漏れたのは、真実溜息であった。
「……お前の現状は理解した。金が必要な理由も良く分かった。だが、客を取ることには賛成しない。現実男娼を買う客の9割が男だが、……男と寝たことは?」
 クインは具体的な質問にやや怯んだようだった。僅かに目元が痙攣する。返答が一瞬遅れたことで、ライアンはその経験はないのだろうと見切りをつけた。クインが返答するよりも早く、無いんだな、と遮る。クインは曖昧に頷き、付け足した。
「でも、ちょっと……その……身体、触らせたり……キスくらいなら……」
 口ごもる様子から、それが成り行きであったことくらいは分かった。キスか、とライアンはまた溜息になる。クインは本当に何も知らないのだ。
「……遊女でも同じだが、キスは普通しないな。男娼でも娼婦でも、唇が貞操の代わりになるのはこの世界では常識だ」
「……そう……なの?」
 ぽかんとしたクインの表情が全てだった。そうだ、とライアンは生真面目に頷いて見せた。
「特別高値をつければ売る奴もいるかも知れないが。客もそもそもそれを要求しないのが暗黙の了承になっている――お前は舐められたんだ。素人だと知れて好き勝手なことをされたな」
 クインはそう、と呟いて俯いた。翳っていても輝いていても、その顔立ちはなお華やかに美しかった。そうだと念を押し、ライアンは再び溜息になった。何度目のそれであるかは数える気にもならなかった。
 自分は困惑している。クインの母を知らないことはなかったし境遇については不幸だとも思うが、彼に今出来ることは限られていて、しかも自分の助力では足らないのは明らかだった。
 それでもクインの話を簡単に了承して客を探してやろうという気は起きなかった。ライアンはそれが何故のものか自分の内をまさぐり、やがて苦笑した。
 結局自分はこの少年を好きなのだ。3年前、まだ子供だったクインが自分の身辺を回遊するに任せていたのも彼を決して憎くは思わなかったからだ。
 ――自分は力弱い者が好きだった。自分の庇護なくしては生きていけないような、か弱い存在が好きだった。闇雲に誰かをを守りたかった。それが何であるかをライアンは既に正確に捉えている。
 ずっと昔、老人の所から逃げ出したライアンを拾い、それまで彼が知らなかった他人の明るさと温もりを教えてくれた相手がいた。彼を守るため、彼を喜ばせる為だけにライアンは強くなった。彼の為に生きて、彼のために死にたかった。
 3年以上の年月をかけて彼とほぼ同等に至るほどに強くなれたのも、兄のように父のように慕った彼への憧憬の結果だった。彼を自分が守るのだという高揚はいつでも自分の中にあった。彼のために身をなげうち死ぬことこそ、その頃のライアンの全てだった。
 そして彼は死んだ。ライアンの目の届かない場所で、唐突に。
 守るべき者を失って呆然としていた頃、クインはライアンの前に姿を現した。この子供に構うのが満たしきれなかった庇護欲を補う行為だと薄く承知していたが、どうしようもなく、止めることは出来なかった。
 クイン自身も死んだ男と多少似た、良く喋りよく笑う質だった。負けん気の強さも豊かな表情も、年齢の離れた弟を構うような気持ちでライアンは庇護し、気を掛けた。
 クインの助言によって得た幾つかの結果もあるが、そんなことよりも存在自体が重要であったのだ。だから彼に身売りさせるのが気に入らない。身勝手な考えだと分かっていながら気が進まないのはそのせいだろう。
 ライアンは一息呼吸を置いて諭すようにゆっくり、静かに言葉を紡いだ。
「やめておけ、と俺は言う。お前は本当に素人だし、そもそも俺達の世界に首を突っ込むのは大概にしておけ。俺が言うのもおかしな話だが、俺達にあまり深く関わらない方が本当はいいはずだ。俺はこの世界でしか生きていけないが、お前はもっと違う場所でもいいんだからな」
 クインはじっと下を睨み据えたまま、ぴくりともしなかった。自分の言葉が表面を流れ落ちて行くだけなのを理解して、ライアンはそれ以上を言うのを止めた。頑なな表情は3年前と同じ、母のために全てを投げ出しても未来を掴もうとする顔だった。
「でも……他に、金を稼ぐ手段が、ないよ……」
「俺がどうにかしてやる。取りあえず1万用意してやるから、残りの1万をもう2ヶ月待って貰え」
 言いながらライアンは脳裏で大まかな計算を始める。
 チェインから毎月彼の元に上がってくる上納金がジルで8千余、そのうち2千5百はそのままタリア王へ渡る。残りの金でライアンは一月を過ごすが配下の少年達にばらまく額も多い。全てがそのまま自分の金ということではなかった。
 が、タリア王アルードから幾ばくかの金も出ているし、自分一人のことは困らない。適当に口実を見つけて2ヶ月ほど節制しても誰にも不服は言わせるつもりがなかった。
「駄目だよライアン、あんたが自分の足下を削ってまで俺に肩入れする話じゃないはずだ。それに俺はあんたに借りを作りたくない。3年前の言質を楯にするにはちょっとたちの悪い強請だろ?」
 ライアンは僅かに吐息で答えた。途方もない額であるのは確かだった。
「減額は出来ないのか」
 クインに言っても仕方のない話であると思いながらもライアンは口にした。そうね、とクインは曖昧に笑った。
「無理だね、保証費がべらぼうなんだ。医療費だけならシタルキアの戸籍があれば少しはましだけど――」
「戸籍?」
 ライアンはクインの言葉を途中で強く遮った。クインは軽く頷いた。
「一応医者ってのは国立の医学校を出ている官吏だからさ。戸籍証明があれば薬代と個室代は安くなるから……そうだね、1万2千ってところだけど。でも、戸籍は高いだろ? どのみち金は持ってないから同じ事だよ」
 肩をすくめるクインに、ライアンは少し笑って見せた。ようやく彼の手の届く範囲に話が転がってきたような感触があった。自分は明らかに安堵していると思いながら口を開く。
「戸籍であれば俺がどうにか出来るはずだ。戸籍の条件は?」
 クインは多少面食らったような表情になった。曖昧に頷きながらライアンは事情の補足をしてやる。
 戸籍の売買は元々がタリア王の掌握している事項の一つであった。取引は闇市場の連中に任されているが、元となる空籍を探してくるのは安い金で使える少年達が殆どだ。そして子供達の中のことであるならライアンの自由にならないことなど一つもない。
「戸籍の条件を、クイン。母と娘がいいか、それとも息子がいいのか。母子の大体の年齢と組み合わせの希望を言え」
 クインはまだ少し、戸惑ったような顔付きであった。ライアンはゆっくりと頷いた。
「戸籍は俺が用意してやろう。なに、探す戸籍が一つくらい増えたところでどうということもない――少し、時間はかかるが……猶予は2ヶ月だったな。それまでには間に合わせよう」
 その上で1万2千ジルというなら、どうにか目処がつくだろう。その計算に一人深く頷いたのをクインがまだぼんやり見つめているのに気付き、ライアンは自分を頼って帝都へ帰還した少年へ向き合った。
「だから、男娼になりたいなどと二度と言うな。俺はお前にそんなことをさせたいとは思っていない」
 クインは何か言いたげにしていたが、唇は遂に開かれなかった。それをなし崩しに了承の証とするためにライアンは素早く立ち上がった。
「俺はもう行かなくてはいけない。この部屋にあるものは好きにしろ。チアロがじきに来るだろう」
「ライアン、俺」
「俺に3年前の清算をさせろ、クイン。……お前一人が全部背負い込むことはない」
 その言葉にクインは微かに顔を歪めた。人一倍麗しい面差しが翳り、淡い影が差した。
「……甘えても、いいかな……」
 掠れた呟きにライアンは深く頷いた。クインの表情に立ち現れては消える安堵と、依存に対する不服を何故か微笑ましく見つめている自分にライアンは気付いた。
「いいと言った。言ったことは守る」
 何かに負けたように、クインの首がこくんと項垂れた。控えめな謝意にライアンは唇だけで笑い、背を返した。
 扉を抜ける瞬間にありがとうと聞こえた気がした。