第1話 祝祭の日 8

 皇子がフォークを置くと、その眼前で口直しのための氷菓を口にしていた皇妃は微かに眉をひそめた。口に運びかけていた銀の匙が下りて、形の良い唇から微かに溜息の混じった声が零れる。
「……もうお終いにするの、リュース?」
 言葉に混じった僅かな非難に、皇子は俯いた。
 食が細く体力がないのは昔からのことだが、立太子の話がちらほら見え隠れし始めた頃から母は自分に足りないものを付け足そうと必死になっている。体が弱いこと、他人と合わせて生きていくのが苦手なこと、その二つが酷く重大な欠陥のような気が自分自身の中に芽生えてくるのが分かって、皇子はどこか心重い。
 が、母との食事を避けようとは思わなかった。中等学院という、王宮の外の学舎に通い始めたことで日中殆どお互いを見かけなくなっている。せめて共にいられる時間である夕餐を大切にするのが彼に出来る最大限でもあった。
「済みません、母上」
 視線を下にやったまま呟くと、母は困ったような溜息をついた。
「いいのよ、謝らなくても……そうね、適量ということもあるのだから」
 そして、ぎこちない沈黙になった。
 何故こんな風なのだろうと皇子はいつも思う。今日は実弟のラインが剣の稽古で倒れるように眠ってしまったせいで母と二人の夕食なのだが、明らかに弟がいるといないでは会話の滑らかさに差があった。お互いに接点を探り合っているような不思議な長さの沈黙や唐突な話題の転換など、もう珍しくもない。
 自分は確かに他人が苦手で、母も同じくだからだろうか。弟が楽に母と言葉を重ねていられるのは弟の特性である人懐こさのせいだろうか。
 何故、自分は駄目なのだろう。気安い方がいいのは確かだから、弟を母が溺愛するのは当然にしても。愛される気質でないのだと無理に結論づけてはあるが、皇子はどことなく納得できなかった。
 理屈ぽくて引っ込み思案なのは、昔からだ。他人と上手く手を取り合うことが出来ないのも、友人を作るのが苦手なのも、それはずっと子供の頃からの自分の性質だ。中等に上がる以前、父が大人しい自分を心配してつけてくれた学友たちとも微妙な距離感しか築けなかった。
 唯一の例外といえるのはさらにそれ以前からの、幼なじみと言って良い少女だけだ。
 彼女エリゼテールは皇子より1才の年長で、異母弟たちの母方の従姉ということにもなるが、物心つく頃から共に王宮で育ってきたという心安さが相当大きいことは自分でも分かっていた。
 皇子は溜息はつかない。僅かな呼吸が自分と母の間にかかるかぼそい何かを吹き飛ばしてしまいそうだから。
「そうそう、そう言えば」
 氷菓を匙で崩しながら母がようやく見つけた糸口を話し出した。皇子は何です、と微笑む。空気の流れが気分を酷く楽にした。大体何の話であるかは予測できたがそれは勿論言わなかった。
「ラインがね、あの子、剣の才能があるって―――」
 弟の話に皇子は儚い少女のようだと喩えられる美貌を淡くほころばせながら頷いている。胸の奥にほんの僅か、苛立ちが揺らぐのを皇子は知っていて、それを見ない振りをすることさえ出来た。
 母上と言葉を遮ることが出来たらどれだけ爽快だろうかと皇子は脳裏でちらと考え、すぐに自分でそのことを忘れようとした。
 弟のラインを可愛いと思うのは母だけでなく、自分だけでもなく、家族のみではない。天真爛漫を実体として表現するなら自分ではなく弟なのだ。同じ両親の血を引きながら性質の差で全てが変化するのもまた、人間であった。
 ラインに剣術の天与があるらしいことはここ暫くで明らかになりつつある。
 ライン皇子は彼よりも4才半下であるが、身体は丈夫で運動勘が目立って良かった。弓も悪くないが運動能力に比して目がさほど良くない。が、剣術は砂地に水をまくように飲み込みが早いようだった。
 末々剣士として身を立てるなどということは起こらないし、ライン以外の二人の異母弟を含めて兄弟の誰が将来皇帝となってもラインは宰相か大元帥あたりの要職へ座らなくてはならない。
 個人としての剣の技量など何の意味も価値もないのだ―――ということは自明ではあったが、母に指摘したことはなかった。弟の才能というものを素直に喜び楽しんでいる母にそれを言うのは残酷であろう。
「……私は身体が弱いので、母上」
 皇妃の話が一段落付いた辺りで皇子は使用人達に聞こえないよう、小さな声で言った。
「ラインと将来、多方面で助け合っていけるならとてもいいことだと思います。……近衛に任せてみるのもいいのじゃありませんか」
 皇帝の私兵とされる近衛には、戦場での皇帝警護という性質上良い指導者がいる。皇族も護身術の一環として武術を一通り教えられるが、護衛のために魔導士をつける方が一般化しており、自分で剣を取るなどは非常に珍しい部類に入った。その為に良い指導者は近衛に多いのが現状である。
 母は思案気味に微笑んだ。いいのよ、と優しく言われて皇子は頷く。そうしたことまで気を回す必要はないという母の気遣いであった。
 空気が一段落したのをきっかけにして皇子は食堂を辞した。食事が進まないことであまり母に心配をかけたくなかった。
 皇子の夜は大抵読書で更けていく。皇子は自分の身体が他人と比べて頑健でないことを、知識の補充でまかなおうとしているのだとはっきり認識していた。
 追い立てられるような焦燥も、立太子への重圧も、既に肌に馴染んでしまった。自分こそが次代の皇帝たらんというような強烈な自負は胸にない。
 ただ……――
 皇子はふと頁をめくる指を止めて唇だけで笑った。立太子されたら、母は喜んでくれるだろうか? ラインが去年、少年剣術会で圧勝した時のように? もしかしたらそれ以上に。
 立太子されるということは将来皇帝として即位するということになるが、皇帝の地位というものに希望も絶望も皇子は抱いていない。立憲君主制度という頑とした機構が先にあり、法律でそれを更に強固にしているこの世の中で、至高の位置にあること自体にどれだけの意味があるのだろうか。
 皇帝親政を布いた者はシタルキアの長い歴史の中でも僅かに10数名を数えるのみ、その半数はごく初期に集中する。太祖皇帝時代の慣習を受け継いだような形だ。皇帝に実権は既になく、それは慣習と慣例と過去の遺産の継承程度の意味になり果てている。
 だが、皇子はそれにも悪い感情を持っていない。皇帝という個人の器量に大きく左右されるよりも、それは世界にとって健全なはずだから。
 皇帝となるというのは、そうした機構の頂点で儀式を執り行うための派手な冠となることと意味が変わらない。個人の実力や資質などまるで無関係なのを承知の上で皇子は自分に立太子の目標を与えている。
 その人の言葉が眼差しが欲しいから。多分この世の何よりも。微かに自分が溜息をついたことに皇子は一瞬後から気付いた。