紅花怨

紅花怨 ダウンロード

各種ダウンロード版です。 ・電子書籍版(ePub版) ・テキスト版(.txt ご自分で成形できる方向け) ・P […]


紅花怨 26

 からん、という高い鐘の音がした。喪服の一団が声を上げながら出てくる。大声で泣く女達、すすり泣く子供。からから […]


紅花怨 25

 チアロの目が開いたという知らせを受けたのは、それから程なくだった。クインの施した処置は失敗だったにせよ、チア […]


紅花怨 24

 扉を開けると顔に粉雪が当たった。名前を呼ばれて振り返れば、ライアンの配下にいた隻腕の男が踊り場に立ちつくして […]


紅花怨 23

 クインを煉瓦屋敷の奥へ匿うように横たえ、ライアンは溜息になった。途切れ途切れに続く呼吸が不規則で弱い。無理を […]


紅花怨 22

 大丈夫か、と言うライアンの声にクインは軽く頷き、未だ血色の回復しない顔で微笑んで見せた。  今日は彼は例の女 […]


紅花怨 21

 部屋に戻ると、クインは居間の長椅子で眠っていた。深い眠りと微熱の証の頬の赤みが気怠げで、艶めかしい。二人が入 […]


紅花怨 20

 ライアンの指が彼の元に戻った漢氏竜の煙管をいじっている。それを見るでもなく視界に入れながら、シャラは不機嫌に […]


紅花怨 19

 連れて行かれた家は、煉瓦屋敷の隠し廊下を通じて降りた地下水路の果てにあった。どこだかはよく分からない。地上の […]


紅花怨 18

 シャラが意識を取り戻したのはライアンの支配する領域の中に立つ屋敷で、通称を煉瓦屋敷と呼ばれていた。他にも幾つ […]