Epilogue

 ……学生寮は思っていたよりも清潔だった。掃除や手入れが行き届いているのだろう。
 そう思って階段を上りながら見回していると、案内で先導する寮監督が掃除は半月に一度、公共部分を全員でするのだと言った。特に掃除のやり方を知っているかは聞かれなかったから、自分は平民層出身だと思われているのだろう。
 顔に威厳とか気品がないからかな、と思うと可笑しくなる。
 自分は上機嫌で、もっと言うなら浮かれている。ナリアシーアや皇太后エレイナ、王都の学院の友人たちと離れるのは辛いことだったが、それよりも解放感のほうが大きかった。
 部屋は三階の左端だった。寮は原則二人部屋だが、それには流石に叔父が難色を示した。
 父も固いがこの叔父はもっと固い。しかも父よりもよほど説教が好きで辟易する。卒業判定の合否は既に出ており、既に最高学年生は全員退寮して寮の個室に空き部屋があったのも運がなかったのかもしれない。
 だが、そんな些細なことももうどうでもよく思えた。寮の厚い扉が閉まったとき、それが自分を守ってくれる安全な籠に思えた。
 アスファーンの母親の実家はこのラストレア近いが、肝心の母が既に故人であることと本人が多忙を極めているせいで、アスファーンは滅多にラストレアには立ち寄らなかった。
 来たとしても、とエルシアンはまた笑みになる。寮にいる限り安全は保証されているも同然だ。アスファーンは良くも悪くも人目を引く。接触する機会があるとするならラストレア城内だが、それも城に泊まらなければいいだけの話だった。
 部屋の鍵を渡すと寮監は役目を果たしたと忙しく階下へ降りていった。それを見送り、エルシアンは床に一度置いた荷物を担いだ。
 それほど荷物は持ってこなかった。制服と私服が何枚か、それに使い慣れたペンと履き慣れた靴。そんなもので十分だ。
 鍵を差し込むとどこかで引っかかったように上手く回らない。おや、と眉を寄せて鍵をがちゃがちゃと押し込んでいると階段を上がってくる足音がした。
 鍵を間違えたのを気付いて寮監が上がってきたのかと思ったが、それは外れた。姿を見せたのはは同い年くらいの亜麻色の髪をした少年だった。
 そちらもすぐにエルシアンに気付いたようだった。ああ、と軽く声を上げてすぐに笑みになる。人好きのする穏やかな顔だった。
「今日、新入寮が一人来るって聞いてたけど、君?」
 エルシアンが頷くと少年もまた頷き返して鍵、と言った。
「鍵、開きにくいんだよ。寮も古いしね」
 そう言って少年は差し込んだままの鍵を握っていたエルシアンの手を取った。心臓が跳ねるのが分かった。
 眩暈か、吐き気か。どちらにしろその襲撃に耐えるつもりで一瞬目を閉じる。
 ──だが、どちらもやってこない?
 エルシアンはゆっくり目を開けて、自分の手を軽く添えられるように握るその手と、持ち主を見る。肌の温かみだけが伝わってきて、それ以外のものは何も襲ってこなかった。
 エルシアンはそれでも遠くから潮騒のようにやってくるいつもの変調を探し、ついにそれを見つけられずに思わず口元を緩めた。
 もう何にも怯えなくていい。怖がらなくてもいいんだ。自分が手に入れた自由が全てを元に戻し、狂っていた均衡感覚を水平にしてくれた……!
 込み上がってくるのは喜びだった。きっと食事も出来るし夜もよく眠れることだろう。少年が不思議そうに自分を見上げたのが分かったからエルシアンは緩く首を振った。
「少し押さえぎみにして、……こう……」
 少年の手に導かれて鍵がすんなりと型にはまった感触がした。右に回すとピンが跳ねる音が小さくした。なるほど確かにこつがいるのだった。
 ありがとうと言ってからエルシアンはまだ名乗ってもいないのに気付いた。
「エルシアン・クリスです。法学、五十六期……よろしく」
「ケイ・ルーシェンです。同じ法学で同期になるのかな。こちらこそよろしく」
 微笑み返してきた表情の毒気のなさにエルシアンは深い安堵を覚える。ケイという少年もまた、自分と同じく環境と他人にしっくり馴染んでいくほうなのだろう。同類の臭いがする。
 きっと仲良くなれるだろう。この予感は多分、外れない。よろしく、と差し出されてきた手をエルシアンは握った。それをためらいなくできることが、何より嬉しかった。
 ケイはエルシアンの持ってきた荷物に目を留めてそれだけかと聞いた。
 彼の聞きたいことは分かった。本や資料の類いはどうしたのかと聞かれている。長期休暇に入っているわけではないから明日も授業があるのに、エルシアンの荷物は本が入っていないせいで小さいのだった。
「ああ、こっちで本とかは全部買うから。急なことであまり荷造りをしている暇、なかったし」
 ケイが半ば呆れたような感嘆のような半端な顔をした。
 本は安いものではなかったが、正直エルシアンには値段は関係無い。もし小遣いに困るようなことがあれば、持ち出してきた幾つかの装飾品を換金すればいいことだった。
「本は今から? 邪魔でなければ市街まで行くから本屋くらいなら案内しようか?」
 有難いことだとエルシアンはすぐに頷いた。荷物を入れてしまいなよ、と言われて部屋を開ける。窓を閉め切る鎧戸を開けるとすぐ外に大樹の枝があった。夏は芽吹いて清涼な香りを部屋に満たしてくれるに違いない。
 エルシアンが少ない服をクロゼットに放り込んでいると、ケイが着替えを済ませて戻ってきた。
 荷物の整理を見ながら感嘆に寮生活のことや学院のことを話してくれるのは根が親切なのだろう。どこか垢ぬけないぼんやりした雰囲気とにこやかな表情が、素直な育ちの良さを感じさせた。
 寮にいるということは貴族なら下位、平民なら豪商の子息というところか。家名を名乗らなかったのに照らせば後者だろうけれど。
 俺の部屋隣だから、と言われてエルシアンは振り返った。ケイがエルシアンの寝台脇の壁をこつこつ叩いた。
「何かあったら呼んでくれていいよ」
 頷いてエルシアンは心からの笑みになった。良い場所だ、と思った。
 ラストレアの凍てついて澄んだ空気も、この寮に流れているどうやら安楽な雰囲気も、窓の外の木も、全部が王都に無かった暖かな色で溢れている。
 豪奢で重厚な天蓋付きの寝台も、美しい曲線を描いた足を持つ机も、極楽鳥の羽をあしらったペンも何もないが、そんなものたちよりも遥かにきらやかな色だ。
 全部が、きっと上手く回る。その予感を得てエルシアンはますます機嫌よく笑みになり、待たせてもらった現金を服に押し込んだ。
 行こう、とケイの背を押す。何の躊躇も苦痛もなく他人に自ら触れることができる。 元どおりだ。
 エルシアンはひそかに笑い、ゆっくりと寮の階段をケイについて降り始めた。



  ……だが、一度逃げたことが後々ついてまわる屈辱と忍従の最初の連環だとエルシアンはまだ知らない。
 アスファーンの理不尽な行為に流された短い期間は確かに一度幕を閉じた。だがこの半年で二度と抜けぬ楔を打ち込まれたことをエルシアンはまだわからない。一生エルシアンの中から傷は癒えず、何度も蘇っては苦しむことなどまだ知る術もなかった。
 けれどその傷がやがて彼を未曾有の歴史を誇った大帝国の創始者にする。エルシアンの決して長くはない生涯に落ちる影をアスファーンと呼び、二人は終生寄り添わず、憎しみあいながらお互いの運命の輪転車を食い合った挙げ句エルシアンは「兄殺し、一族殺し」の代償に登極者としての栄光を戴冠することとなる。
 だが、それはまた別の機会の話だ。今のエルシアンは年若く実績も後背もない王子であり、ただ安穏に暮らせることだけを望むだけの存在であった。
 エルシアンの人生の中で、最も温かく柔らかな追憶に彩られたたった半年の休暇が今、始まろうとしている。


《自由の翼 了》



本編:「シタルキア創国記」は有料頒布です。
これの続きは こちら から少しだけ読めるのでよければどうぞ。