黒き魚たちの渇き1

 くそったれ、という言葉と共に落とされた溜息が終わらない内に、ぱちゃんと泥が跳ねた。一面泥のまったりした平面が続く中、カントの視線の先に白く蠢くものがある。夕暮れの残照に微かに鱗の線が浮かび、すぐに消えた。魚が反転したのだ。
 そうすると保護色となっている体色のまま、魚は泥に同化して消えた。泥海の中へ逃げ込んだのだろう。
 カントは苛々と唇を噛んでいる、隣の少年を見つめた。リリクは美しい頬を癇癪のままに歪めていた。南部臨海州の特徴となっている赤黒く焼けた肌でない、こんなに綺麗な肌は滅多にこの辺りでは見かけない。白い肌は黄昏時に照らされてやや赤く染まっている。普段薄い金色の髪も、こんなときは豪奢な黄金に変わった。
 金色の髪を丁寧に切り揃えて刺繍の入ったブラウスと揃いのベストを身に付け、深い葡萄色の外套を肩から羽織ったリリクは完全に自分の美しさを知り尽くしているようだとカントは思う。彼の白い肌に似合う色、整った容色に映える柄、そんなものたちに囲まれている彼の様子は本当に貴公子然としており、カントはいつも見惚れてしまうのだ。
 カントの視線をいつものように受け流してリリクはまた足もとの貝殻を拾い、素早くそれを泥の海に投げ込んだ。
 ぴしゃっという泥跳ねの音がして、先ほどと同じく白い魚鱗が現れる。
「うまいね、リリク」
 カントは呟く。リリクはふん、と鼻を鳴らして彼を小馬鹿にしたように笑い、あいつらは、と言った。
「呼吸しに泥の中から出てくるだろ。だから、あぶくが下から上がってくるんだ。大きなのが下からがばって開いたらそれがやつらの口さ。それに、俺が上手いんじゃなくてお前が下手なんだぜ、カント」
 言いながらリリクの手は再び貝殻を拾った。どうやら拾い上げたのには中身が入っていたようで、それを放り投げては新しい貝を探している。石ころよりも貝殻のほうが多い町では、死んで中に泥砂の詰まった貝殻が石の代わりだ。桟橋の上には運ぶ途中に積み荷から落ちた貝殻がたくさん落ちている。
 いくつか拾った貝殻をリリクはカントの手に握らせた。お前もやれよ、ということだ。カントはいくつかを彼を真似て泥の海に投げ込むが、魚に当たったものはなかった。
 馬鹿、下手、とリリクは散々悪態をつき、カントの額を指で強く弾いた。痛いよ、とカントは顔をしかめて見せるが、リリクはお構いなしだ。げらげら声を上げて笑ったかと思うと、また苛々した表情に戻って泥の魚を貝で打つことに熱中している。
 ばちん、という一際大きな音がして、魚が痙攣した。リリクが夢中になって苛めている魚たちは腹の側だけが白い。もがいている白く美しい魚鱗に赤いものがまみれ始めて、どうやら体を貝が切ったのだとカントにも分かった。
 リリクは急激に醒めた、白けた顔つきになった。舌打ちをして放り出してあったままの鞄を手に取り、カントのことなど忘れたように駆け出す。カントは慌てて自分の鞄をつかみ、その後を追った。リリクの足は速い。彼はすっきり伸びた手足が華奢な印象を与えるが、それに反して運動能力は高かった。風を追い越すような勢いで走っていくリリクの背を追うことを諦め、カントは足を緩めた。
 やや乱れた呼吸を整えながら、カントはこの町を囲む泥の海へ、その彼方の傾いた夕日へ目をやった。太陽の最後の強烈な光は全ての風景を焦茶色の影にしており、海に一時全てが同化した風でもあった。泥の海の上に一面、びっしり浮かんでいるのは小舟、水上生活者たちの家だ。縦横に走っている桟橋が差し詰め道代わりの、桟橋を中心にして広がる小舟の町。どれもこれも薄汚く小さな舟だが、それらが寄せ集まって群れているのは壮観とも言えた。
 カントは小さく溜息をつく。彼はこの舟の町の出身であった。8年前、8才の頃に母親が死に、海洋騎士ハイラン・エルグストのガクユーン家に養子に入った。海の子供ハイラグ・ラットと呼ばれる水上生活階級からの養子制度はこのクハイスの町特有のものだ。
 クハイスは南部沿海州と呼ばれる地域の中では北西に位置し、一面の泥を誇る干潟と、沖まで張り出した桟橋の路地に建つ家々が特徴の海商都市である。直接接岸できない不便はあるが、この近海は潮の流れの機嫌が難しい。また岩礁と浅瀬の多い地域であって、クハイスが広がる湾岸が殆ど唯一安全に積み荷のやり取りができる場所でもあった。何より、南部大陸の巨大都市マージと片道僅かに一日だ。
 陸と海の交通の要所であることがクハイスの泥海にびっしりと桟橋を渡し、海上都市とでも呼ぶべき景観を作り上げている。「陸」には富豪と支配階級の屋敷、海上の「町」には労働者と市民、そして文字通りに海の上の小舟に住む水上生活者のほぼ3種類に階層は分けられた。人口の殆どは海商に従事し、何らかの形でその恩恵を受けている。故に海上生活者の子供たちのうちで身寄りのない子供は「町」の孤児院へ収容されて将来の労働層として教育されたし、その中から更に運の向く子供は「陸」の人々の養子になる道があった。それが「海の子供」である。
 相互扶助の精神は海洋産業従事者の間に時折見られるが、その際たる形とも言えよう。犯罪歴がないこと、他に身寄りがないことなどいくつかの条件はあるが、そうやって養子にいく子供は珍しくはない。カントも、そしてリリクも「海の子供」であった。
 陸から眺める桟橋の群れと小舟の森は追憶をいつも呼び覚ました。辛い記憶のほうが多いくせに、離れてみると不思議と懐かしい場所のような気もした。魚の臭いも泥の臭いも、その腐ったような饐えた臭いもしない陸の屋敷の中にいると、時折無性に泥に飛び込んで、何かを叫び出したくなる。無意味なことだと分かっている、とカントは海を眺めながら思った。
 海からあがる魚があるから飢えていたわけではないが、あの泥の魚ばかりでは辟易した。沖の桟橋まで行って綺麗な海水を汲み、丁寧に洗っても中々泥臭さが抜けず、美味い魚でもなかった。
 けれどあの泥の中の魚が安楽に泥から出てきて干潟でまどろんでいるのを見ると、心の底から意味のない怒りが上がってくる。
 それでもカントは生来感性が鈍い、良い言い方をするならおっとりしたところがあったから、先ほどのように苛立ちのままに傷を付けたなら心が痛む。
 だが、リリクは違った。彼の苛立ちも自分のそれと同じ種類のものであるとカントは嗅ぎ付けているが、リリクは美しい猫が悪食であるがごとくに怒りを暴力に変えることを躊躇しなかった。それがあの泥の魚であることは救いだ。──彼とて、その先があってはならないことを承知している。
 カントは溜息をつきながら家路をゆったりとたどる。桟橋というには大きな橋は、この通りが直接陸へ通じていることを意味している。実際、路地へ入らなければ海上であることをそれほどは感じないのだ。比較的浅い泥海の底にしっかりした土台を静めてあるから、陸の家と構造的に変わったところは余り無い。強いて言えば、高い階層をもつ建物は重いというよりは立錘の均衡が悪いという点で嫌われて、殆ど見かけないことだけだろうか。ぼんやりそんなことを考えながら近道の桟橋へ乗り換え、カントは声を上げた。横から突き出てきた腕が、彼の裾をつかんだのだった。
「……なんだ、リリクか。帰ったのかと思った」
 驚いて声を上げた腹いせにそんなことをいうと、嫌味の加減を分かったのか、リリクは秀麗な顔を歪めて笑った。
「うすのろ。お前みたいなのが海洋騎士じゃあクハイスも終わりだな。没落の放つ残照の如くに輝けり、か? 俺の趣味じゃねぇ」
「君みたいな医者も滅多にいないと思うよ」
 溜息と共にカントは言った。カントは海洋騎士ではなく、リリクも医者でない。二人ともまだその見習いの見習い程度のものだが、将来はそうなるのに決まっていた。お互いの養家がその筋なのだ。けなしあって二人は同時に溜息になった。この話は面白くはない類いに入った。
 帰ろうよ、とカントはリリクを促した。既に日は落ちかけている。二人の通う修学院では日が落ちた後の補講は絶対にしない。それに、リリクはともかくカントは成績は良かった。
 お互いに縁組み先が逆だったら良かったのだとカントは思う。リリクの成績と来たらひどいという言葉が優しいほどだし、カントは運動は苦手だ。海洋騎士というのは海上全般にかかわる警護役とも言える職で、運動どころかおおよその武芸一般を身に付けた上で操柁と潮と星の読みを要求される。最後の部分は知識に関わることだからカントは比較的自信があるが、何しろ武芸という言葉を聞くだけで憂鬱になる。
 リリクはこれの反対で、運動は何をさせてもずば抜けており、特に弓が上手くて目が良かった。が、どうにも腰を落ち着けて考えることが苦手だ。自分とリリクの特性が入れ代わっていたならこの気鬱さは少しは晴れるだろうか、とカントは考えながら、先を行く友人の影を追う。
 リリクは彼を待つ間に拾っていたらしい貝殻をまとめて泥海に捨てながら、やけばちに靴の踵を鳴らして歩いている。その様子は先ほどの印象と余り変わらない。リリクは一時の不機嫌や癇癪でカントから離れても、必ずカントの元へ戻ってきた。
 おそらく、リリクの中にある苛立ちと同じ種類のものを自分が飼っているのを彼は分かっているからだとカントは思っている。それを口にしないまでも、空気として発散してもいい相手だと、リリクはカントを見切っているのだ。……そういう相手だとたかを括られているのは面白くはない。
 カントが溜息をついたとき、それが契機であったようにリリクが振り返った。その動作の素早さに気圧されてカントは怯んだ。リリクは手を伸ばしてカントの鞄を奪い取った。
「ほら、もう陸に灯りが入るぜ! 急げよ、カント!」
 そんなことを叫んでリリクはぱっと駆け出した。待てよと叫んでカントは再び彼を追う。リリクが振り回している鞄には養父母から買ってもらった大切な本やノートが入っているのだ。
「返せよ、リリック!」
 声を上げながらカントは年上の友人を追った。全く、いつもこんなことばかりだ。彼は苛立ったとき、自分をひどくからかって発散する。カントは唇をゆがめる。桟橋の終わりにようやく彼に追いつくことができた。軽く呼吸が途切れている自分に比べてリリクは微かに頬を紅潮させているだけだった。彼は造作は物語の中の貴公子然とした美形だったから、その仄かな赤みさえ美しかった。きれいに整った彫像のような顔立ちだ。けれど、その容貌がかえって苛立ちを高めるときもあるのだった。
「返せよ、リリク」
 カントは呼吸を宥めながら手を突き出す。リリクは唇の端で薄くにやつきながら、どうしようかなと鞄を振り回した。返せったら、と更に声を上げながらカントはリリクの手から鞄を奪い返そうと彼の周囲をぐるぐる回った。リリクは満面の、意地の悪い笑みになりながら手をかざし、踊るような足付きでカントの襲撃を軽くいなす。
 不意に、あ、とリリクが声をあげた。カントも一瞬置いて似たような声を上げた。多少ゆるくなっていた鞄の取っ手が外れ、本体のほうが泥海に落下したのだ。重い音を立てて鞄が海に落ちる。泥の比重の関係でしばらくは浮いているが、いずれ沈んでいくだろう。
「あ、悪い……」
 一瞬の茫然が二人の間を過ぎた頃、リリクが呟いた。カントはその言葉で我に返った。あの鞄の中の本もノートも、養父母に買ってもらった大切なものだ。何か考えるより先に、体が動いていた。カントは自分の外套を脱ぎ捨てると、泥の海へ飛び込んだ。この辺りはそれほど深くはない。リリクが自分を呼んでいたが、それには構わずに鞄へ向かって泥をかき分けて進む。鞄をつかんで同じように戻ってくると、桟橋の上からリリクが手を差し伸べて鞄、と怒鳴った。カントは先に鞄を渡し、桟橋の横に着いた梯子で上へあがった。
 体は泥だらけだった。リリクがすまなそうに顔をしかめ、再び悪い、と言った。
「俺、お前の家まで行って説明とかしようか」
「いいよ。父さんも母さんも、僕のやることあんまり言わないんだ。鞄の取っ手、古くなってたのは確かだったし……」
 おそらくその通りになるだろう。カントの養父である初老の海洋騎士は穏やかな人柄だったし、その妻であり養母である女は子に恵まれなかった現実の辻褄を、カントで合わせようとしている。
 それから、気の重い、だるい沈黙になった。カントは振り返って泥海と、その彼方に最後の光を投げる太陽を見た。気鬱な溜息が二人から同時に漏れた。