第3章 かもめたちはうたう 1

 やがて夜の始まる時刻、常連の言葉にまんざらでもない様子で酒場女は進み出る。太り気味の身体を些か持て余すように狭い卓の間をすり抜けて、彼女は店の隅で暇を囲っていた鬱気分の竪琴弾きを小突いて商売道具を取り出させ、深く息を吸い込んだ。
 そして場末酒場に溢れ流れ出す、豊かな音量。
 昔劇場で歌っていたのだという女の経歴自慢を信じる者はここには誰もいない。劇場にはあり余る豊潤な香りの年代酒や煌めく宝石の偽物の、安い酒と硝子玉に囲まれて、だが女の歌だけは真実本物だった。
 音楽のための楽器でない、心震わせる、魂の歌。
 女は一心に歌う。あいのうたを。



   波間流離さ す らう海鳥たちの 叫びが今宵も 耳を打つ
   遠く聞こえる潮騒の うねりをかき消す 声がする
   お前の胸にも聞こえている? 私の歌う、海鳥の歌
   見つめてよ
   お前の世界の中心を 私がすっかり占めるまで