第3章 かもめたちはうたう 10

 ゆるくたゆたう竪琴の、音色は淡く消えていく。儚さは世の宿命で、生まれれば消える運命のまま、歌は今宵も消費される。
 使い捨ての歌、使い捨ての涙。それは何のこともない流行歌。時が来れば誰の脳裏からもこぼれおちていく砂。けれども歌に籠められた、ほんの僅かな真実が時には誰かの胸を打つ。強く。
叩く。強く、強く。
それが歌の普遍というものならば、魂をこめて歌うこの余興にも、何かの愛があるだろうか?
 女の歌は、続いている。




  海を漂う海鳥たちの 声は今夜も 啜り泣く
  呼び恋い続ける鳴き声の 悲鳴を飲み込む 海潮音
  お前の胸には触れている? 私の歌う、海鳥の歌

  殺してよ
  お前が別離を告げる前に 私が憎んでしまわぬ前に