第5章 月の下で 4

 隣で身を起こす気配がした。それでライアンはふと目を覚ました。
 窓の外は青暗く、月も天の高い位置にある。まだ夜明けには早いようだ。
 月明かりのほの暗さの中で寝台の脇の水瓶を取り上げて、口を付けたらしい。嚥下する音が聞こえる。瓶を置く音。再び潜り込んでくる身体──細く、彼に比べれば遙かに小さく華奢な腕がライアンの肩に回って足が絡まった。
 ライアンはクインの肩を抱いた。彼が目覚めているとは思っていなかったのか、微かにクインが溜息をもらし、すぐに何事もなかったように目を閉じる。
 あれから彼は殆ど口をきかない。
 足の怪我はもう良かったが、腕の方はディーが止めなければ筋を切って引きちぎるところだった。自分の中の修羅を制止することが出来なかったのだ──いや、多分そうする気がなかったのだろう。
 あの時、クインが叫んだ瞬間から全ては極彩色の幻のようで、ただ煮えるような怒りと憎しみだけが自分の中にあった。鈴の音だけが確かに耳に聞こえていた。
 それはライアンだけに聞こえる残虐な衝動の呼び水で、あの軽やかで澄んだ音を聞いていると全ての血がたぎる。命を食らいつくすための歓喜と陶酔があっという間に彼自身を飲み込んで、どこまでが自我なのかさえ分からなくなるのだ。
 ライアンは目を閉じて、その瞬間の甘美を引き出そうとする。束の間の肉の手応えと血飛沫の中にだけ、自分の全てを容易く見つけることが出来る。
 胸高鳴る、血の踊る、凄まじい悦びが全身を息づかせ、自分の命を実感に昇華するのだ。
 その相手を憎しめば憎しむほど心酔は強く、歓びは深く、愉悦は身体を貫くほどに鋭い。クインの言葉に触発されたとはいえ、そこまで強い歓楽はごく僅かだ。
 ……だからクインを特別に思っているのは本当なのだろう。
 但し、それが何であるかは理解できない。クインが自分にひたすらこだわる理由も同じだ。
 クインは自分がリァンの身代わりなのだと思っている。
 それはまるきり見当違いではなく、確かに彼を守り死ぬことが出来なかったという後悔が闇雲に庇護する対象を求めていたまさにその時、クインは自分の前に現れたのだ。
 けれどそれはもう遠い。クインはリァンではないし、性格も全く違う。
 何よりもライアンに頼るということはリァンはしなかったし、むしろライアンの生真面目な部分や思い詰める性質をからかったりさりげなく救おうとしてくれた。
 それに、リァンはクインがするように全身の力でライアンに対峙したことなど無かったはずであった。ライアンはリァンの犬と呼ばれる種類のもので、向き合う必要さえなかったのだ。
 それにチアロだ。クインが引き合いにだした言葉の内で、これははっきりと覚えていることの一つであった。
 あの時の口論の内容は後になればなるほど曖昧で、強い感情の被膜に押しつぶされて曖昧に消えてしまっているが、チアロとリァンの相似は以前からのことであった。
 リァンの生前からも、チアロの調子の良い朗らかでいい加減な部分が俺と似ているとリァン本人が笑っていたことがある。
 俺も子供の頃はあんなだったさ、懐かしいな──なあ、ドォリィ?
 リァンが幼馴染みで片腕であった男を呼ぶと、彼は大きな肩をすくめて本当だと笑ったはずだった。
 チアロを拾ったのは偶然で気まぐれだった。
 行くところがないとライアンに縋った子供が切羽詰まっていたこと、リァンにそろそろ自身の子飼いの部下を持った方がいいと言われていたことなどが重なっていたとはいえ、チアロでなければならない理由など、その瞬間にはどこにもなかったのだ。
 その証拠に、チアロを拾っても最初の頃は足手まといの子供であったしその後は自分の身辺で適当なことを喋っている奴だという苦笑めいた、出来の悪い弟を構うような気持ちであった。
 そしてリァンが突然世界から消えた後、チアロは確かに一時リァンの面影や空気をふんだんに残している存在であった。自分の殆ど異様といって良いチアロへの引き立てはその頃から始まっている。
 丁度その時期にチェインの支配者の継承戦争があったから目立たないが、チアロの出立の地点は間違いなく自分の偏愛だ。
 けれどそれを乗り越えてチアロは良くやっている。チェインをやりたいという自分の意志は殆ど誰にも話したことがないが、それがチアロ可愛さだけから来るものではないことは少なくともディーには分かるはずだ。
 ライアンの子飼いだと既にチアロの顔はタリアの上層幹部も認識している。いずれ自分に何かがあればチアロも一蓮托生のはずだ。
 誰かに肩入れするということは、その敵も背負うということと同じだから。
 チアロがそれに怖じ気づくような気配は無かったし、ライアンの存在を上手く利用して自分の立場を上昇させているらしい。
 らしい、というのは既に自分がチェインから離れかけているせいでもあるが、これから先、金も人手も要る。そのつてに一番信頼している少年を頭目においておきたいのは当然のことだ。
 他の連中が信用できないわけではないが、ライアンが無条件にその言葉を信じるのは、ディーとチアロの二人だけであった。
 それにチアロには恐らく、何かがある。
 リァンに似た、という言葉しか見つけられないのが自分でも歯痒いが、真芯の打たれ強さと朗らかで自然な求心力はどこかが違う──そんな気がする。
 見込めるとディーに言ったのはそんな意味だったし、甘さはあるにせよ、それがチアロの良い部分であることも確かなのだ。
 一つ一つを丁寧により分けていけば、クインの言葉など戯言だと一蹴すべきであったことだけが分かる。そこでライアンはまた溜息になる。
 あの時自分は確かに不機嫌だった。クインには出来うる限りのことはしてやっていたし、時間も自分なりに割いたつもりだった。
 けれどクインはそれでは到底足りないと焦れ、その間隙を一足飛びに埋めようとして自分に身体を委ねようとして拒絶されて偶然知り合った女に傾倒した。
 それが最初ライアンへの当てつけを含んだ行為だったことも察してはいる。
 下らないというのが最初の感想であり、ついでうんざりだという溜息を聞いた。けれど自分の体面のためにそれ以上を好きにさせておく訳にはいかなかった。
 知っているのはチアロとディーくらいだったはずだから、その内輪で済ませておければと忠告を試みたことは結局裏目に出てしまった。
 運が良かったのは細刃刀を含めて切れ物を自分がディーに用心にと預けていたことで、それがなければクインを切り刻んでいたはずだったが、リァンのことを引き合いに出すのも自分をもっと心に留めて欲しいと吠えるのも、その二つが融合することだって初めてではなかったはずなのに、あの瞬間にそれでたがが飛んでしまった。
 ライアンは自分にしがみつくようにして眠っているクインの頬の輪郭線を指でなぞる。
 これがいま生きて彼の胸に生暖かい吐息をこぼしていることが安堵にやっと変わる気がする。
 と、不意に長い睫毛が動いて深く鮮やかな色の瞳が覗いた。
「──ライアン、起きてた……?」
 声はしわがれてかすれている。これは眠りに落ちる前にクインを壊すような勢いで抱いたからだ。
 この瞬間だけはクインの声を溢れるほどに聞く。けれどそれは、絶叫と悲鳴という形だ。
 腕も肋骨も、その他に肩や背中に残る打ち身の青黒い痕跡さえ薄らいでいるが消えていない。そんな時に責め殺すようなことをすればそんな声しか聞かないのは当然だ。
 だが、そんな苦痛のための悲鳴よりも胸に痛いのは、これがクインの望みだということだ。
 身体の不具合は元よりライアンも承知している。彼に負担をかけない方法なら幾つかを思いつくが、それは激しい拒否にあった。
 もっと、とクインが言う。
 もっとしてよ。もっと。ライアン、もっと──……もっと、壊してよ──
 彼の言う通りに無理な姿勢を取らせると悲鳴になり、それに気圧されてライアンが身を引こうとすると更に自分で身体を打ってしまう。
 精神の均衡の満ち引きが元々激しい性格ではあったが、どこかが決定的にゆるんでしまったのか、激痛に全身を突っ張らせて痙攣させながら、喉を鳴らして笑っているのだ。
 怖いというなら、これほど恐ろしいと思うこともあまり記憶になかった。痛めつけられたい、滅茶苦茶に破壊されつくしたい、その欲求に彼は身を委ねている。
 それに引きずられるようにつき合っている自分も混乱しているのだろうが、クインの狂乱に一枚噛んでいることがひどい罪の意識を引き起こした。
 そのクインの口から久しぶりに落ち着いた声音を聞いた気がして、ライアンは今、となだらかに言った。
 うん、とクインが小さく頷き、痛いはずの腕で自分を支えて身体を起こす。
 ライアンが眠っている──と彼が思っている──時にはそんなことはしないから、これは明らかに当て付けであった。それを知っているはずなのに、思わず顔を歪めてしまう。
 クインはそれにふと笑い、ライアンの首に腕を回して唇を重ねてくる。仕草がまるで娼婦のそれになってきたなとライアンは思い、それでも押しのけることはせずに口づけを受け取った。
「煙草の匂いがする……」
 そんなことを呟いてクインはライアンの首に腕を絡めて横になった。腕に巻かれるようにライアンは横を向く。
 クインが彼の身体に手を這わせて目を閉じるのは、もう一度という意味だった。
 ライアンはよせ、と咄嗟に制止した。
 クインの細い身体の限界はもはや遠くにあるとは思えなかった。その前に心がどこかへ行ってしまうか、そのどちらが早いだろう。
「どうして? 俺がしたい時につき合うって約束、してくれたよね」
 クインは淡く微笑みながらそんな事を言った。その約束は本当に存在する。
 彼女の絵を燃やした後のまだ熱い灰に手を入れようとしたから、それを回避するためにクインの要求を飲む形で頷いたのだ。
 瑠璃色の瞳の奥の光が不安なほどに強い。
 月が映っているのだとライアンは思いこもうとし、クインと呼んだ。
「その約束は確かにした、けれど、これ以上は……死んでしまう……」
 と、クインはその返答に背をそらして笑い出した。ライアンはよせ、と同じ事を言いながら形の良い唇に手を押し当てた。クインは首を振ってそれをもぎ離し、喉で笑い続けた。
「殺すつもりじゃなかったんだ? 知らなかったな……知らなかった、ふ、ふふ」
「やめろ、クイン」
「いいよ──ほら、だから、さ」
 クインが自身に巻き付けていた夏の上掛けを蹴り飛ばし、生白い身体を晒す。求められるままにライアンが踏み躙った虐痕が目に飛び込んできて、ライアンは怯んだ。
 口元が痙攣し、やめろ、と勝手に呻く。
 それを無視してクインは自分から足を開いた。場末の娼婦のようになってきたとライアンは目をそらす。
 既に正視に耐える状態ではなかった。
 彼の様子にクインは機嫌良く笑い、ねえ、とライアンの手を取るが、それを振り払ってライアンは端に寄せられたままの上掛けを手繰り寄せた。
 日常、彼は殆ど喋らない。何かを話してもどこかに魂を置き忘れてきたようにふらふらと視線が彷徨っていて、まるで脈絡が噛み合わないのだ。
 夢の中に生きているようにひどく無防備で無力な子供の昼と、ばらばらに殺してくれという勢いで激しく彼を求める傲岸で非力な脅迫者の夜、その二つがクインの精神を引き裂いていくのが分かる。
 会話が成立するのは殆ど夜で、昼はうすぼんやりとして危うい、間延びした表情でじっと外を見つめているだけだ。
 ライアンは画帳を燃やしたことを今更のように後悔している。
 あの時これは泣き叫んでいたはずだった。あの女との追憶の形見になるはずだった絵にライアンは火をつけた。クインがこれにいつまでも追想をよせるだろうことが痛ましいことだと思ったからだ。
 忘れろ、と強く言うとそれには返答せずに握力の残る左手でライアンにしがみついてきた。
 辛いというよりは一息に全てを失ったような寄る辺ない自失に何か縋り付いて身を寄せるものがあればと彼を抱いた。より強い支配を、とチアロも言ったはずだった。
 そんなつもりがなかったというなら、今のこの状態こそ、こんなつもりはなかった。
 クインのことは分からない。ただ痛ましい。
 これほどまでに弱かったのかと愕然とする。
 クインの偽悪調の喋り口や顎をそらすような態度はこの内面を頑なに守ろうとする為の棘だったのだろうかとやっと知った気になるが、どうしてやればいいのかはやはり見えなかった。
 ライアンの首にクインの手が触れた。ライアンはクインを見つめる。
 表情のない視線で彼はライアンを仰視していて、やがてふいっと顔を背けた。
 ライアンはこの瞬間に自分が明らかに安堵したのを感じた。クインが傷ついたとさえ口にせずに自分を貶めることでライアンに復讐しているのだとしても、その手が弛むことはたまらなく気を緩めたのだ。
「……ライアンは、俺が怖いんだな」
 クインが呟くのが聞こえた。ライアンは横臥してクインの身体を後ろから抱き寄せ、かもしれない、と自分にも聞こえないほど小さな声で言った。
 クインの危うさ、昼と夜では全く違った方向にそれぞれ突き抜けて揺らいでいる心を見ると、焦れたような叫び出したくなるような、そんな気持ちになる。
「そうだな、怖い。お前が自分で傷つきたいというのを見ているのも……」
「何言ってるの? 違うよ、ああ──やっぱりライアンは俺が怖いんだ」
 クインはライアンに背を向けたまま、肩を震わせている。笑っているらしい。
「違うよ、あんたは俺が怖いんだよ。俺を身近に置くのが怖いのさ。リァンが死んだ時みたいに、全部連れて行かれるのが怖いんだ」
 ライアンは虚をつかれて身じろぎし、沈黙した。
 リァンを失った時の深い沈痛と茫然は未だに彼の中に痕跡を残している。クインとライアンは呻いたきり絶句した。
 クインはそうなんだね、と静かに断じると、不意に仰向けに身体をずらした。
「……俺は別におかしくなんかなってないよ、ライアン──ただ、少しばかり嫌気が差しただけさ」
 その口振りは今までと比べても異様に静かで、厳かめいていた。
 ライアンは返答する言葉を見つけられずにただ沈黙する。
 クインはくしゃっと顔を歪めて笑い、ライアンの頬を撫でた。
「いいよ、別に。俺はこれでいいんだ。ライアンに壊してもらうのも、客に殺されるのも同じだ、俺が死ぬ時に誰かを道連れに出来るなら、何も要らない……」
 うっすらと笑みを浮かべるクインの瞳には、やはり大きすぎる月が映りこみ、瞬きをする度に揺れて不安を誘う。
 月を見ているのか、少年の視線の焦点は遠く、遙かだった。
 道連れにしたいという彼の望みの静かな狂気にライアンは狼狽え、眉根をよせて首を振った。そんな破滅の衝動が良い方向に変わるはずはなかった。
 クインはライアンを凝視め、そして静かに笑い出した。形の良い唇がほころんで、聞くに堪えないほど切羽詰まった媚声が溢れてくる。
 これ以上を聞いているとおかしくなりそうだとライアンは思わず身体を離そうとした。
 クインがさっと筋をいためた方の腕を伸ばし、ライアンの背に回す。無理矢理もぎ離すことは出来るはずだったが、怪我という弱みを盾にする方法に、それと分かっていながら手が出せない。
 あれほど誇り高く驕慢だった少年が、ただ自分の話を聞かせるためにだけこんな惨めな真似をするのかと思うとたまらなかった。
 これは復讐なのだ。
 あの女とのことをライアンが簡単に引き裂いた、彼の体面のため、というクインの矜持を滅茶苦茶に叩き潰す理由で壊した、その復讐だ。
 ライアンは頬を歪めた。
 胸に痛ましく斬りつけてくるのは憐憫であった。痛ましく切なく、見ていることさえ辛い。
 そしてクインをこんな風にしたのは自分であるという自覚を否応なしに見せつけられ、怯みきっているのにクインから離れることが出来ない。
 今それをしてしまうと、本当に死んでしまうのではないかという恐怖がどこかにあるのだ。
 自分に必死にしがみついてくる身体をライアンは抱きすくめるようにして寝台に押しつけ、辛うじて押し潰さない程度に胸を合わせながら言い聞かせるように低く呟いた。
「クイン、済まなかった。あの女の事は謝る。絵を燃やしたことも、お前がそれを忘れるためにはそのほうがいいと思った、本当だ」
 クインは何がおかしいのか喉を鳴らして笑い、そう、と簡単に流した。
 足を絡めてくるのをどうにか離そうとしていると、クインが不意に彼の鎖骨に歯をたてた。
 甘噛みするほどの痛みはさほど強くない。けれど、どうにかして男を誘うつもりの仕草には胸が突かれるほどの痛々しさを感じる。
 手負いの獣と同じだ。
 心に裂いた傷は目に出来ないが、そこからあがる血飛沫と痛みにじっとうずくまることも出来なくて転げ回って痛みを訴えている。
 クイン、と名前を呼び、ライアンは唇を深くよりあわせた。
 結局こうすることしか咄嗟に出来ない自分の愚かしさも、クインはきっと嗤っているのだろう。
 クインが腕を自分の首に巻き付けてしっかりと足を絡ませた。ねえ、という声が泣き出しそうなほど潤んでいるのに、涙は見つけられない。
 画帳を焼く炎にあぶられて消えてしまったように、あれ以来彼の涙を見ていなかった。
「──うんとひどくしてよ……思い切り手荒にしていいから、ライアン、さっきなんかよりもっともっと痛くして……」
「クイン止めよう、お前が本当に死んでしまう」
「殺せよ!」
 クインが不意に怒鳴り、その勢いで肺が軋んだように呻いた。
 クインと手を伸ばそうとするのをだが叩き返し、きつい、それでいて何かに浮かされている熱にゆらぐ視線をまっすぐにライアンに当ててくる。
「殺せよ、それでいいんだよ! 同情なんか要らないんだ、憐れみなんかもっと要らない! 半端なことするなよ! 俺が怖いくせに! 怖いくせに、怖いくせに!」
 吠えるように叫んでクインは不意にまた笑った。ねぇ、と呟く声に媚態が戻っている。
 この出鱈目な態度にライアンが覚えるのは、それでもクインがそんなものは要らないと怒鳴ったはずの憐憫だ。追い込むという言葉の意味を今更思い知る。
 ライアンはクインの細い顎を捉えてしっかりしろ、と揺すった。
「同情や憐れみが要らないというなら、何が欲しい、クイン。言え」
 クインは首を振り、両手で顔を覆った。唸るような音が喉から零れたが、それは涙の声ではなかった。
「要らない──あんたからは何も、要らない、あんたはリァンのものだ、そうだろ? 永遠にリァンのものだ、違うの? だったら要らない……要らない……他人のものなんか……誰が……」
 呟く言葉が不意に途切れる。
 どうしたと言おうとした瞬間にクインは彼を押しやって頭までを上掛けに隠し、震えだした。泣いているのだろうかとライアンはその肩を揺する。
 けれど返ってきたのは乱暴な拒絶だった。
 ライアンは長い溜息になり、そしてそっと上掛けをめくった。クインは体を震わせていたが、やはり泣いてはいなかった。
 けれど涙の方がよほどましだと思うのは、それさえ枯れた絶望を自分が知っているからだろう。
 本当に傷つき、叩きのめされてのたうっているその瞬間に、涙は出ない。それはあまりに深く、あまりに渇いた闇だからだ。
 涙がこぼれてくるのは現実を受け入れて折り合いをつけ始めようとする時で、だからクインが今、ひどく混迷した闇にいることは分かる。
 それを自分が心苦しく、ひどく痛ましく眺めていることも。
 クイン、とライアンは努めて静かに言った。
「──俺があの女とのことを体面のために潰したのではなく、嫉妬のためにそうしたと思え。お前が欲しいというならどんな言質でもやる、何が聞きたい、言ってみろ」
 クインは視線を翻し、ライアンを睨み据えた。それをライアンはやはり睨み返す。
 二人でじっと身じろぎもせず瞬きもせずにらみ合った末に先に折れたのはクインの方だった。
「……何でそんなことまで俺に聞くんだよ……」
 それが強制したのだという事実を避けようとする策略だとは分かっていた。
 けれど、ライアンは頷いて済まないと言った。クインが欲しがっていたのは彼を必要だと言い、彼に手を伸べる人間だった。それをあの女が占めようとしたのを壊したのは自分だ。
 それによって自ら壊れたいと願うクインを一度つなぎ止めてやれるのも。
 いつかクインも新しい想いに身を委ねていくだろう。
 けれど今、血を吐き散らし、絶叫に近い悲鳴をあげながら彼が傷つけ巻き込もうとしているのはライアンで、それを拒否する権利はあっても出来ないだろうということも、全てを見通したような諦観が襲った。
「俺はお前の気に入る言葉を知らないが、これでどうか」
 淡々と呟き、ライアンはクインの肩に触れ、髪に指を差し入れてゆっくり愛撫した。
 クインが微かに喘いで目を閉じる。その瞼に唇を寄せ、頬を両手で優しく挟んで深いキスをした。
 クインが喉で呻き、一度ライアンの肩に手が触れた。
 それは弱く押し戻そうとして何かに負けたように力を緩め、縋り付いてくる。
「……涙が出ない」
 唇が離れた時、クインが呟いた。
「ライアン、駄目なんだ。あれから泣けない。エミルのことが」
「忘れろ」
 名前が出た瞬間にライアンは遮り、愛しくクインの額を撫でた。
「涙はそのうちに出るようになる。あの女の事は忘れろ、もう言うな。いいな」
 クインは唇を歪め、何かを言おうと口を喘ぐようにあけた。ゆったり十を数えるほどの時間が沈黙に流れ、やがてクインは頷いた。
 頷きながらライアンの鎖骨あたりに額を押し当て、震え出す。
 けれど無理に涙を流そうとしてもそれが無駄な仕儀であることは、ライアンにもよく分かっていた。
 夜の蒼さを一人で背負わせないためだけに彼の細い肩を抱きながら、ライアンは窓の外の月を見上げた。
 夜はそろそろ長く伸びていく季節だった。