第5章 月の下で 8

 皇子が論文の綴りをめくり終わるのと同時に、卜占版の上に線が浮かんだ。
 それを見つめていたマルエスがそっと笑い、隣で固唾を呑んでそれを見守っていた少年魔導士の肩を叩く。ありがとうございますと呟いた少年期特有のかすれた声に耳を止め、皇子は微笑み立ち上がった。
「終わったようだね。どう、マルエス」
 皇子は魔導士二人が真剣に斑紋をいじっていた卜占版を覗き込む。そこに浮き現れた赤黒い線の紋様を見つめ、柔らかに笑った。
 魔導を知らぬものが見ればただの絡み合った線であったが、これは正式な卜占だ。皇子の魔導斑紋と、カノンの斑紋の相似判定である。
 魔導には使う個人によって特有の斑紋が出る。これは誰一人同じ斑紋を持たない完全なる固有であった。
 声の質などによって魔導呪文にも個人で得手不得手があるし、声が一人づつ違うものであるのと同じように、斑紋にもそれがあった。
 そして魔導が声を媒介とする超自然である以上、斑紋の傾向が似ているかどうかは同じ術を合同で行うためには重要で重大なことである。
「大体が一致しているね。これはとてもいい、マルエス、分かった──カノンといったね、今度の移動時期に申請を出しておこう……論文も良かった、面白かったよ」
 皇子はカノンの手による綴りをちらりと見やって笑ってみせる。
 アイリュス公が魔導士を使って誰を捜しているのだと指摘したことで、リュースはマルエス以外の魔導士を申請するという案にようやく本腰になった。
 魔導士には魔導斑紋が顕著に現れるから、マルエス一人に探索を任せて置いたことが知られる要因であったのだろう。
 皇子自身が魔導には通じており、研究などの為にマルエスとの合同詠唱なども経験している。そこに更に一人加えるとなると、魔導斑紋のかなり高い一致がないと難しい。要するに、魔導における相性の問題だ。
 線で描かれるカノンの資質、マルエスの資質、そしてリュース自身の資質を示す線には大きなずれはなく、どれかというならばカノンと自分の一致率が高い。
 ならば今までのようにマルエスに頼りながら、カノンもきっと使えるはずであった。
 それに、とリュースは論文の内容に深く頷く。
 治癒系の魔導は身体の代謝を無理矢理高める効果によるものだが、これに例の時間生成論を練り込んだ論文は論理が確立できれば医療魔導の大きな質的転換をもたらすだろう。
 今はまだ机上論に過ぎないが、面白い理論の組み立て方をする。年若くても優秀ですとマルエスが強く推す理由も分かった。なるほど、この少年は見つけたのかもしれない。
 「彼」の時間生成理論は実験が失敗して後に頓挫という形になっているが、いずれ皇子自身が深く踏み込んでみたいと願う領域でもある。
 一人ではどうしても検証実験の詠唱にまる二日ほどかかるから、複数による合同詠唱が必要だ。それにもいずれ関わってもらうことが出来るだろう。
 ありがとうございます、とカノンが深々と腰を折った。いいや、とリュースは穏やかに言った。
「私も丁度、マルエス一人では手が足りなくなってきたところでね。色々と頼むことが多いとは思うけど、よろしく頼むよ、カノン」
「はい、一所懸命務めさせて頂きます……ありがとうございます、本当に……」
 カノンの声は弾んで明るい。
 現在はタリアへの出向だと聞いているから、魔導の塔も勿体ない人の使い方をするものだとリュースは思う。
 カノンの実地魔導も見せて貰ったが、声が現在の変声期で安定しないのはともかく、詠唱の正確さと構成の的確さは見事だった。いずれ高等学院の魔導学の講義でも聴講させるよう、長老会に申し出てやらなくては。
 自分の周辺に魔導士が数多くいることにアルカナの叔父はあまりよい顔をしないが、学問としての魔導の追求はリュースの大きな目的であり歓びだ。
 詠唱の実地はマルエスに頼ることも多かったが、これで彼の負担を軽減してやることも出来る。
 そしてリュースは窓の外を見た。初秋へと向かう濃い緑の中を、こちらへ走ってくる人影に気付いたのだ。
 菫色の目に鮮やかな髪は弟だ。カノンがここにいることを誰かから聞いたのだろう。
「カノン、ラインが来ている」
 リュースがそう言うと、少年魔導士は一礼した。
 ラインの剣術の稽古相手にとカノンは選ばれて登城したのが最初であった。
 魔導士の身ごなしは特殊だ。そのもの慣れぬ感覚が珍しいのだろう、ラインはカノンに良く懐いている──もっとも、ラインが懐かない相手など殆ど知らなかったけれど。
 ラインの相手にとカノンが下がると、リュースは深く頷いてカノンの論文をめくり直した。
「何かお気に障ることでも、殿下」
 マルエスがリュースにそっと問うのに首を振る。
「いや、彼は本当に優秀だ……年齢は多分私と変わらないくらいだろうけれど、いずれ私が公職に就く頃には彼が長老会に入っているとやりやすい」
 それにはあと十数年はあるだろう。
 公職、と曖昧にした部分にだろうかマルエスは小さく笑い、カノンは若いけれどよく心得た同志です、と言った。それにもリュースは頷く。
 アイリュス公の発言以来、両親共に誰を捜しているのかとひどく執拗に彼に聞いた。
 母方の叔父であるアルカナ大公もちらちらと探るような聞き方をする。それには全て知りません勘違いでしょうと返答しているが、この反応は明らかに異様といえるものであった。
 一体自分が誰を捜していると上手くないのだろうか。
 マルエスの推論を否定する理由が無いために、「彼」のことを現在はラウール大公キエスだと仮定しているが、もしかしたらそれも間違いなのかも知れないと皇子は考え始めている。
 但し、だとしたら誰なのかということについては白紙に戻ってしまう。
 「彼」の魔導斑紋を拾うことは最早不可能だ。中等では口をきけないということになっていて一度も詠唱を行ったことがないし、それ以前の上級学校や初等学校での斑紋痕跡など、どれが彼のものであるのかを一体どうして判別できるだろうか。
 魔導斑紋には声質が深く関わる。声質、つまり遺伝要素だ。
 斑紋を拾ってもどの家系との一致が知りたいかということでしかなく、斑紋が分かったから血筋がすぐさま探せるということでもなかった。
 「彼」がキエス=ラウールでなければ全く別の仮定から始めなくてはいけない。
 中等学院に残っていた「彼」の戸籍には母と娘、とあった。彼を連れていたのは母親を偽装した誰かであろう。戸籍の出所はどうやらタリアらしく、あの赤い格子の町の暗部に隠れ紛れてそれ以上の追求は諦めなくてはいけなかった。
 いずれにしろ、マルエス一人に任せきるには次第に全てが重くなりつつあった。
 いずれ皇太子と決まればもう一人か二人は護身や連絡のために魔導の塔へ申請を出さなくてはならない。
 魔導士の管理を行う魔導の塔は皇族を頂点とする国政機関とは別の傾倒の組織で、内部の上級魔導士たちで構成する長老会の決定が皇帝の勅命以外の全てに優先されることになっている。
 申請するときに勝手にこちらで相手を選ぶことは出来ないのだが、今回のように先に斑紋の卜占を行っていれば、まずは希望が通るはずであった。
「マルエス、彼の件の申請が通ったらすぐに捜索に加えておくれ。……どうやら急がなくてはいけないな。父上も母上も、少し……何というのか、おかしい」
 父の休日に呼び出されて午後一杯を言い抜けに費やした記憶が新しいが、そうでなくても夕食の時に母も同じ事を繰り返し聞いた。
 ラインがきょとんとしているのが救いだが、両親が一体何を怖れているのか、全く見当がつかない。
 怖れている、という言葉を思いつき、リュースは自分で深く頷いた。
 そう、二人とも何かを怖れている。
 執拗というべき回数、リュースに誰を捜しているのかと聞き、穏やかに微笑みながら魔導士を貸しても良いのだと提案する。
 その異様さが却って怯みと用心を呼んでいて、リュースはいつも誤魔化すか適当に言い逃れることくらいしか出来ていなかった。
 だが、何かがあるという感触は大きくなっていく。
 それが一体何であるのかはまるで見えないのだが、両親が何かに怯えていることと、リュースの捜し人が一致すると思っているのだ……何故。
 あまり時間をおくとマルエスの捜索にあちらの魔導士が追い付く可能性がある。
 あちら、とリュースはまるで敵のような呼び方が浮かんだことに自分で苦笑するが、しかし両親がこのことを快く承知していることはなさそうなのだ。
「どの辺りまで行きついたかな」
 リュースの質問に、マルエスは幾つかシタルキア北部の都市をあげた。
 既にキエスと思われる痕跡は判別が済み、それを時代順に追っているところであった。
「とにかく徹底的に転々としておりまして。追われる身であることが大きいのでしょうが、一カ所に三ヶ月と居りません。他国へも足を伸ばす気配がありますので、同志カノンの申請をお早め下されば有り難いことです」
 マルエスの言葉にリュースは頷き、そうしようと言った。
 お願いいたしますと深く例をしたマルエスがところで、と切り出したのは別の話であった。
「それと殿下、お体の方は如何でしょう。あれ以来、体調など何か変わったことはございませんでしょうか」
 リュースはああ、と軽く頷く。これはあの昼食会の時に嘔吐して以来、どの医者にも何度も言われていることであった。
 何もないよと簡単に答えてカノンの論文を自分の書斎にしまい込もうとしているとマルエスがそっと近寄って皇子の肩を押さえ、低く小さな声で囁いた。
「よろしいですか、殿下。母宮とここの侍従たちがお持ちするもの以外はなるべくお口になさるのはお控え下さい。もしそれ以外に何かを召し上がる時は、必ず先にわたくしをお呼びいただくように、お心得を」
「──マルエス」
 リュースは不意に表情を変えた。
 毒、と喉の奥で呻き、ごくりと飲んだ呼吸が胃に落ちた瞬間に、やっとそれが実感になった気がした。
 リュースは眩暈を覚えて背後に立つマルエスに一瞬背を預ける。
 誰かが自分を殺そうとした──
 その現実味の無さと事実自分が嘔吐した時のことを思い合わせてリュースは青ざめる。
 マルエスを振り返り、リュースは毒、と呻いた。マルエスは小さく、しかしはっきりとした仕草で頷いた。
 リュースは喘ぎ、額を押さえた。
 マルエスが彼の腕を取り、書斎の椅子に座らせる。
 ずっしりと重たいものを抱え込んだような茫然にリュースはゆるく首を振り、毒、と三度目を呻いた。
 しっかりとマルエスに膝を揺すられて上の空で頷く始末だ。殺される、というこの言葉の何と現実味のないことだろう。
 だが、誰かがリュースを邪魔に思い、短絡に決着をつけようとしたのは事実なのだ。
 しかし、とリュースが喘いだ時、殿下と魔導士が低く言ったのが聞こえた。
「どうかお気をしっかりお持ち下さい。いいですか、確かにそれは毒ですが、致死量ではありえませんでした。せいぜいあの場でそうでしたように、嘔吐するくらいのもので。しかし混入されていたのは事実です、殿下、つまり」
「なるほど」
 リュースはやや落ち着いてきた呼吸を均しながら呟いた。
「つまり、私が立太子されるとまずいのだな……」
 学問所の様子を見るに、リュースの方がカルアよりも資質が豊かだという結論になるのは当然のことであろう。
 何分カルア本人にさほどやる気がない。学問所のことだけで全てが決することはあり得ないが、材料の一つではある。リュースが皇太子として至らない点として健康問題を印象に残しておきたいのだ。
 ならばあの場が選ばれたことにも意味があった。
 両親とアルカナ・アイリュスの両大公が揃っていたのだから、彼らの前にリュースの身体の弱さを喧伝したい者がいるということになる。
 リュースは唇を引き締め、下らない、と呟いた。
 皇帝の実権などとうに貴族閥と官吏に渡って久しい。普通に即位したところで、実権をすぐさま奪い返せるなどという夢は見たことがなかった。
 試してみたいことはあるが、それも両大公の意志を汲みながらの修正と無縁ではいられないだろう。
 何よりそんな形で皇太子への道を妨害しようとするなど迂遠だし、卑屈というしかない方法だ。
 リュースは次第に最初の恐怖が怒りに変わるのを感じながら分かったと言った。
「では気をつけておこう──カノンの申請も早めなくてはね。どうやらこれから先、人手が今まで以上に要りそうだし……お前にも負担が大きいね、いつも済まない、マルエス」
 いいえと魔導士は仮面の下でひっそりと笑ったようだった。
 魔導斑紋などの資質の相性と当人同士の気質の相性も噛み合わせて派遣されてきたマルエスは、確かに彼とはよくそりがあったといえた。
 そもそもあまり他人に馴染まないリュースであるが、マルエスとはそうささくれだった関係には至っていない。ごく普通の主従という空気が流れている。
 そこにカノンを加えるとまた空気も変わろうが、マルエス本人がカノンを高く評価していた。
 リュースはもういいよ、とマルエスに魔導の塔へ戻るように促した。
 マルエスは治癒以外にも幾つかの魔導の研究会に名を連ねている。魔導士としては彼はごく普通の能力に属し、何事もそつなくやり遂げる程度には出来上がっていた。カノンのように長老会へ入るかも知れないという期待は酷かもしれなかったが、リュースの道楽ともいえる人捜しにもきちんと意見を述べてくれる年上の友人として、リュースは彼を頼りにしていたし、信頼してもいた。
 だからマルエスが研究会に顔を出すことを優先してもいいとしてきたし、それはこれからも変更するつもりはなかった。
マルエスが下がるとリュースは学問所の講義をまとめ直し始めた。
来週には口頭試問がある。カルアに多少の知識と体裁をつけてやらなくては、弟があまりに可哀想になるのだった。