序章・自由の翼

part0-top

小説

 18になったばかりの王子エルシアンを、突然異母兄アスファーンが陵辱する。何故。疑問と恐怖に囚われて、身動きの出来ないエルシアン。愛していると嘘をつきながら彼を翻弄する兄アスファーン。
 いずれこの国の歴史を動かすことになる二人の確執。大切だった友人との別れ。
 ──愛したい。愛されたい。なんの躊躇ためらいも、しがらみもなく、それだけが欲しいのに。

 完結済です。本編への導入用に書いたものなので、本編を読んでいないと分からないことはないはずです。初めての方はここから読むのがおすすめです。初読の方でも設定や状況は頭に入るように書いてありますのでご安心下さい。

小説

Prologue
 1-夏の扉
  1 | 2 | 3
 2-運命の夜
  1 | 2 | 3
 3-最後の楽園
  1 | 2
 4-小鳥の夢、承前
  1 | 2
 5-嘘の代替
  1 | 2
 6-父の背中
  1 | 2
 7-冬の翼
  1 | 2 | 3 | 4
Epilogue

第1部1巻 群星の夜

少しだけ立ち読み分を置いておきます。続きは有料版なので、お気に召したらどうぞよろしくお願いいたします。通販は こちら からお申し込み下さい。

序文
 0
旧王国暦 215年
 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

同人誌版表紙・挿絵