愁雨

愁雨5


愁雨4


愁雨3

 女は泉玉といった。一日や二日で部屋の中の様子は覚えてしまうのか、次に嘉芳が訪ねていったときには既に泉玉に与え […]


愁雨2

 中秋の空に雲雀が高く飛んでいく。嘉芳は空を見上げる。秋の空は夏よりも一段高いところにあって、どこかすましこん […]


愁雨1