メリーさんという羊

1月7日午前0時

「こんばんわ」  彼女は言った。俺は羊アタックで今にも破れそうなドアを必死で押さえつつ、彼女に向かってはあ、と […]


1月6日午後11時

 新年会がやっとあけ、俺はほろ酔いでアパートに帰った。相変わらず景気は良くないし、上司とはそりが合わないし後輩 […]


1月5日午後10時

 ……一体羊はどれだけ食うのだろうか。奴が殆ど料理をしないのは、蹄のせいで包丁がもてないからなので今夜は俺がし […]


1月4日午後3時

 俺は思いきりくしゃみをした。その途端、ぶるっと毛布の中で体が震えた。 「あらあら~アキラ君、カ~ワイイ~~」 […]


1月3日 午後8時

 俺はこたつの上に携帯を置いて、じっとそのコールを待っていた。とにかく知ってる限りの元彼女の知り合いに電話して […]


1月2日 午前11時

 目を覚ますと羊はいなかった。妙に狭い空間にすっぽり入っているなと思ったら身体にごつごつするのはこたつの足で、 […]


1月1日 午前0時

 紅白歌合戦がどうやら紅組の勝利で終わる頃、俺は愛用の綿入れはんてんにジャージという20代男独身彼女なし、の身 […]